You are here:
  • KB Home
  • ビットコインとブロックチェーン Bitcoin&Block chain
< Back

すっかり有名になったビットコインは仮想通貨や暗号通貨とも呼ばれますが、それらの基礎となる技術がブロックチェーンです。

ブロックチェーンはインターネットの登場以来の大きな技術革命になるのではないかと期待されています なぜならばその適用範囲は暗号通貨にとどまらないからです。たとえば契約書の自動化、個人や団体が自由に通貨発行ができる仕組み、所有権のデジタル化、取引所の分散化、農作物のトレーサビリティなどがあります。

ビットコインとは

例えばAさんが甲銀行の自分の口座からBさんの乙銀行の口座に100万円送金する場合甲銀行の帳簿ではAさんの口座から100万円引かれたと記載する一方で乙銀行ではBさんの口座に100万円入金されたと記載され、送金者のAさんの口座からは手数料が引かれます。

実際のA銀行とB銀行のやり取りは他の多くの取引とともに差額を日銀の両行の口座間で差額決済します。

つまり実際に資金移動があるかどうかではなくA銀行B銀行での記録こそが送金されたことの証拠となると考えることもできますね。

そう考えるとお金というのは実はデータなのではないかと考えることもできます。

そして信頼性を保持するためには衆人の監視下に置けばよいのでないか、と考える人がいました。それがサトシ・ナカモトと名乗る人物で同氏の「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」と題された論文に基づき2009年に運用が開始されたのがビットコインです。

厳密には通貨ではなく通貨と同様の機能をもったコンピューター上のコード(Code)です。

機能としては通貨同様に決済や送金などに使うことができます。通常の通貨と大きく異なるのはその管理が中央集権ではなく分散型であるという点です。

通常の通貨は中央銀行が管理しています。たとえば円であれば日本銀行です。しかしビットコインには中央銀行のようなものは存在しません。あらゆる取引はすべて誰でもが参加できるインターネット上の個人間のやり取り(ピアツーピア・ネットワーク)で行われ、その信用は、ネットワーク参加者全体で相互監視されることで形成されています。

あらゆる取引はブロックチェーンと呼ばれる元帳のようなものに記録されネットワーク上の参加者(ノード)に分散して記録され、過去のすべての取引が記録されるため誰でも過去の取引を確認検証することができます。また、データが分散しているために、仮に一人がネット上の攻撃を受けてデータを喪失しても安全だとされています。

ビットコインの通貨単位はビットコイン(BTC)ですが、最小単位は、1億分の1ビットコインで、その単位は発案者にちなんでサトシと呼ばれる。ビットコインの受け渡しはウォレット(財布)ソフトウェアを使って行います。


たとえばAさんがBさんに1Bitを送金する場合を考えてみましょう。


まずAさんはまず銀行の口座番号にあたるビットコインアドレスを取得します。これは乱数であり公開鍵になっており誰でもが見ることができる文字列です。

さらに秘密鍵を取得します。これは絶対に他人には見せてはならない文字列です。
そのうえでノードに向けてBさんのアドレス宛に1Bitを送金する、という内容を公開鍵とともにマイナー(採掘者)と呼ばれるノード(人)に送信するのです。

マイナー(採掘者)は、受け取った取引情報をブロックにまとめて、ブロックチェーン(元帳のようなもの)の末尾に記録(記帳)します。


しかしただし、新しいブロックを記録するためには10分ほどで解けるように調整される難問(計算量の大きい問題)を解く必要があります。マイナーたちはその問題を解き、最初にブロックを追加することに成功したマイナーだけが規定された報酬を得ることができる仕組みになっているのです。


最終的に発行されるビットコインの総量は約2千万BTCに決定されており、ビットコイン生成に対して得られる報酬額は4年おきに半減する仕組みです。このため単位(BTC)当りのビットコインの価値と予想するマイナーによる採掘競争が過熱することもあります。


ビットコインは銀行の送金手数料やクレジットカードの手数料より安価にできること、365日24時間利用可能であること、個人情報、口座番号、カード番号などの入力も必要ないこと、カントリーリスクがないこと等大きなメリットがあるとされていました。 そのため送金やECサイトでのの決済手段として広がりつつありましたがビットコインの価格が上昇すると却ってマイニングのコストが高騰してしまうという事態も生じました。しかしながら海外送金の制限がある国や通貨の信用度が低い国などでは通貨の代替手段としても注目されています。


但したびたび報道されているように流出などのリスクもあります。


また理論上は監視を行う51%以上が悪意で取引を適正としてしまえば不正も可能です。しかしこれも現実には単一の攻撃者がネットワーク全体の過半数の計算能力を保持するのは困難だと考えられていますがビットコインはこうした多数による監視(プルーフ・オブ・ワーク)によってその信頼性を担保しているとされています。

ビットコインで使用されている技術であるブロックチェーン等の仕組みは暗号通貨だけではなく他にも応用できる考え方として広まりつつあり、ビットコイン2.0あるいはブロックチェーン2.0などと呼ばれています。

たとえば契約書の自動化、個人や団体が自由に通貨発行ができる仕組み、所有権のデジタル化、取引所の分散化、農作物のトレーサビリティなどがあります。

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論