ブルー・オーシャン戦略 Blue Ocean Strategy

ソーシャルメディア
You are here:
< Back

ブルー・オーシャン戦略は、フランスのビジネススクール であるINSEAD(欧州経営大学院)のW・チャン・キム とレネ・モボルニュ両教授によって提唱された戦略です。同名の論文を基にした書籍がベストセラーになりました。

彼らによれば、多くの企業は、競合他社がひしめく市場や領 域で血みどろの競争を繰り広げているといいます。そうした 市場や領域を「レッド・オーシャン」と呼び、レッド・オー シャンの市場では、競争が激しくなかなか利益が出ず消耗戦 になり他社に負けてしまいます。

それに対し、競争のない未知の市場、「ブルー・オーシャ ン」を創りだすことで、低コストと差別化を同時に実現することで利益をあげようという戦略です。

★カール経営塾動画★で解説しました!

★カール経営塾動画★第26回ブルーオーシャン戦略
ブルーオーシャン戦略

この戦略によって成功した例として、キムやモボルニュが挙 げているのは、10分1000円の理容室、QBハウスや日本でも 近年登場しているサウスウェスト航空というLCC(ローコス トキャリア)すなわち低価格の航空会社、 ikea やシルクドソレイユの例です。 理容室は 昔から住宅街に多くあり、利用者は週末などにゆっくりとリ ラックスすることも兼ねて利用するものと決まっていました 。


しかしQBハウスは、「忙しいビジネスマンが、平日の空いた 時間に仕事場の近くで、安く速く手軽にカットする」という 全く逆の戦略をとり大成功しました。また航空機は基本的に は食事やサービスも充実しているが高価のものとされてきま した。ところがLCCはサービスは最小限に抑え座席指定もな い代わりに極めて低価格の基本料金を実現し人気を博してい ます。

ブルー・オーシャンの見つけ方は、「戦略キャンバス」という ツールを用いて、市場の分析をおこないます。横軸は「業界各社が客をつかむために力を入れて いること」、縦軸は「客が得られる価値の度合い」を表しま す。このグラフを「業界標準」「ライバル会社」「自社」の パターンでつくると、業界や自社が置かれている状況がひと 目で分かります(このグラフの曲線を「価値曲線」といいます)。

他社と重複しない価値曲線というチャートをつくることで、中小企業でもブルー・オーシャンを見つけ出すヒントが得られるでしょう。ぜひブルーオーシャンシフトをしてみましょう。

ブルーオーシャン戦略
ブルーオーシャン戦略 平野敦士カール著 成功企業31社のビジネスモデル超入門より

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論
Translate »