経営戦略論

VRIO分析

VRIO分析とは、「経営資源が競争優位をつくる」という「リソース・ベースド・ビュー」の考えに基づき、経営学者のジェイ.B.バーニーによって考案されました。 具体的には、企業がどのような経営資源を持っているのか、またそれを活用する能力がある...

「帰納法」Inductive Approachと「演繹法」Deductive Approach

仮説を立てるには「帰納法」と「演繹法」の2つの方法があります。 英語ではInductive ApproachとDeductive Approachと言います。 帰納法とは、いくつかの事実や情報を基に、そこから考えられる仮説を構築する方...

PEST分析 ペスト分析

PEST分析(ペスト分析)は、政治(Politics)、経済(Economics)、社会(Society)、技術(Technology)の4つの切り口から事業をとりまく外部のマクロ環境を分析するフレームワークです。社会の変化は自社の経営にどう影響しているのか?という分析です。

ポーターの3つの基本戦略 Porter’s three generic strategies~ lower cost, differentiated focus

ポーターの3つの基本戦略 Porter’s three generic strategies~ lower cost, differentiated focusとは他社に対する競争優位(competitive advantage)を築く...

MECE(ミッシー)

MECE(ミッシー)とは「漏れなくダブりがない」状態のことです。情報を分類して整理する際に有効な考え方です。 例えば、人を「男」と「女」に分類すると、MECEの状態になります。では日本のプロ野球を「パ・リーグ」と「読売巨人軍」としたらどう...

3C分析(Customer, Competitor,Company )

3C分析とは、自社の現状を市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)自社(Company)の3つの切り口で分析するフレームワークです。 「市場」と「競合」が外部分析、「自社」が内部分析です。「市場・顧客」「競合」「自社」...

ポーターのファイブフォース分析 Porter five forces analysis

ポーターの5つの力分析すなわち「ファイブフォース」分析は、業界の競争状態を分析するフレームワークです。新規事業の参入や既存事業の撤退などを判断するときに使いましょう! 事業で高い収益を上げるためには、新規参入、継続・撤退を判断するタイミン...

コア・コンピタンス Core competency 

ロンドン・ビジネススクールのゲイリー・ハメル客員教授とミシガン大学ビジネススクールのC.K.プラハラード教授の二人が提唱したのがコア・コンピタンスという概念です。 「顧客に対して、他社には真似のできない自社ならではの価値を提供する、企業の...

アンゾフの製品市場マトリクス(マトリックス)成長ベクトルProduct-Market Growth Matrix

アンゾフの事業拡大マトリクス(マトリックス)は「製品市場マトリクス(マトリックス)」または「成長ベクトル」ともいいますが新規事業や事業拡大を検討する際のフレームワークです 事業拡大を「新製品を開発するか、既存の製品のままいくか」(製品軸)と「これまでの市場で戦うか、新市場に進出するか」(市場軸)という二つの軸で考え「市場浸透」「新製品開発」「新市場開拓」「多角化」という4つの方向性。
Translate »
タイトルとURLをコピーしました