You are here:
< Back

デザイン思考とは 2005年スタンフォード大学にビジネススクールのbに対抗するかのように創設されたd.schoolが提唱する思考法で、ユーザーを徹底的に観察することでユーザー自身も気が付いていない潜在的なニーズを発見する思考法です。

デザイン思考
デザイン思考

ビジネスウィーク誌や2008年コンサルティング会社IDEO(アイディオ)のCEOティム・ブラウン(Tim Brown)がハーバードビジネスレビューで発表。さらにP&G、GE、サムソンなどの企業も導入したことから世界的に注目されています。

かつてスティーブ・ジョブスが「顧客は自分たちが欲しい物は知らない」と言ったことは有名ですが、従来の顧客の声を聞くマーケティング調査ではゼロから1を生み出すような画期的な新しいものは生み出せないのではないかという背景があります。

iPodの事例では、社内外の開発者、デザイナー、心理学者、人間工学の専門家など実に35名もの多様なスタッフがチームとなって生み出されました。チームはまず、ユーザーがどのように音楽を聴いているのかを徹底的に観察することで、「どこでもすぐに選んだ音楽を聴きたい」というユーザーの潜在的ニーズを発見しました。そこで「全ての曲をポケットに入れて持ち運ぶ」という新しいコンセプトを創造しました。更に回転型の円盤マウスのみによるシンプルな操作性やiPodとPCを自動同期させる仕組みなど斬新な機能デザインの100以上のプロトタイプを制作したと言われています。そして最終的に「自分の音楽を全部ポケットに入れて持ち運び、どこででも聴くことができる」という世界的な大ヒット商品iPodが完成したのです。


つまり、デザイン思考の方法とは、まず個別のヒトの行動観察を行い、問題そのものの設定を行い、多様なスタッフによるアイデアの創出を経て プロトタイプを作成しそれらをテストする、という過程を何度も繰り返すこととなります。

デザイン思考は、従来の他社の過去の実績などに基づく仮説検証ではなく、目の前にいるターゲットとなる人々の行動観察から今までにないニーズを導き出して、試作品等を使用してもらいながら改善しながら最終製品やサービスを生み出していく方法なのです。

デザイン思考は行動観察からはじまるゼロから1を生み出すイノベーションの方法なのです さらに詳しくは以下の書籍をご覧ください!

ビジネス集中講義 経営戦略(朝日新聞出版

シリーズ10万部突破!
4万7千部突破! 「経営学 見るだけノート」(宝島社)

「経営戦略 見るだけノート」(宝島社)

「すごろく経営学」(SBビジュアル)

さらにマーケティングを学びたい方は 以下の本をお読みください!3万2千部突破!

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論