財務諸表とは?BS PL CS

You are here:
< Back

1 財務諸表とは?

財務諸表とは、企業が決算期に作成する3つの会計データのことです。具体的には「貸借対照表(B/S)」「損益計算書(P/L)」「キャッシュフロー計算書(C/S)」のことで、総称して、「財務三表」と呼びます。「決算書」も同じ意味の言葉と考えて良いでしょう。

財務三表の数字を追うことで、企業の経営状態や財政状況を詳しく把握することができ、分析指標を導くための基礎データになります。

上場企業の場合は、インターネット上にあるIRサイトにいけば、「決算短信」や「有価証券報告書」、決算発表会のプレゼンで使われるパワーポイントの資料などがダウンロードできますが、これらの書類には、財務三表の数字が何を意味しているか、文章や図などで丁寧な説明が添えられています。また最近は動画で株主説明会などの様子も配信されていますので、財務三表を読み取る力がなくても、その会社の様子がよくわかります。ぜひチェックしてみてください。

2 財務三表とは? BS PL CF

企業は決算期に3つの財務諸表を作成します。
具体的には 貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書ですが、総称して、財務三表と呼びます。
企業は株主からの出資や銀行などからの借入によって資金を得てそれを様々な事業や資産に投資することで利益を上げることを目的としています。
そして決算の日当日の企業の姿をまとめたのが貸借対照表です。

1 貸借対照表(B/S Balance Sheet)

貸借対照表(B/S)とは、「企業が事業のための資金をどう調達して(右側の総資本、貸方と呼びます)、
決算日等のある一日の時点でどのような形で運用・保有をしているか(左側の資産、借方と呼びます)を表すもの」です。

資金調達は負債と資本で表し、運用・保有しているかを資産で表しています。

このため必ず資産=負債+資本の関係が成り立っています。

資産は流動資産と固定資産に分類されます。
流動資産とは、1年以内に現金化できる株式等の有価証券、売掛金、預金・現金など等です。
固定資産とは、長期に保有する建物・機械・土地等です。

負債も、1年以内に支払わなければ流動負債(買掛金、短期に返済する借金)と1年以上の長期の固定負債(社債や長や長期借入金)に分類されます。

資本の部は、「自己資本と株式などで投資家から調達したものと税引き後の利益の総計」です。

なお誤解されやすいのですが、資本の部には前年の税引き後の利益が加わりますので増資をしなくても資本は増えるのです。

2 損益計算書((P/L Profit and Loss)

損益計算書(P/L)とは、「一定の期間(半期や1年間)における収益の結果を表すものです。
貸借対照表が決算日の状態を表しているのに対して損益計算書は決算の対象となる期間の業績をまとめたものといえます。

売上高とは、収入すべてを合計したものです。

売上総利益とは、売上高から、売上原価(仕入れなど)を差し引いたもので粗利益(あらりえき)とも言います。

営業利益とは、売上総利益から販売費(営業スタッフの給料や広告宣伝費などの営業活動のための経費等)と一般管理費 (事務職員の人件費や家賃など、販売には直接関係がない経費)
あわせて販管費と言いますがそれを差し引いた本業による利益のことです。

経常利益とは、さらに配当や支払利息など本業以外の収支(営業外収益・営業外費用)を加減したものです。

従来はこの経常利益(ケイツネと略称で呼ぶこともあります)が重視されていましたが、近年は営業利益が重要視されています。
なぜならば、経常は日本独特の概念で、近年は国際会計基準に準拠する企業が増えていることもあり国際比較ができない経常よりも営業利益を重視するようになりました。

税引き前当期利益とは、資産の売却など特別な事由による特別利益や特別損失を加減したものです。

当期利益(純利益)とは、税金を支払った残りの利益です。なお新聞等でも目にする以下の用語も把握しておきましょう。

NOPATとは Net Operating After Tax(税引後営業利益)のことです。
またEBITとは経常利益+支払利息-受取利息のことです。財務活動のみを経常利益に加減しています。
EBITDA(Earnings before interest, taxes, depreciationイービットダーと呼ばれます)は、金利(interest)、税(taxes)、有形固定資産の減価償却費(depreciation)、無形固定資産の償却費(amortization)を引く前の利益(Earnings)です。
NOPAT=EBIT×(1-実効税率)
EBIT=経常利益+支払利息-受取利息。
EBITDA = 営業利益 + 償却費

NOPLATとは、みなし税引後営業利益のことです。NOPATとほぼ同義なのですがNOPATが、税引後営業利益のことでその場合の税額を実数にするかたとえば40%のようにみなし税率で計算するかの違いです。実務ではNOPATでも実効税率を使うことが多いのでNOPLATと同じになることも多いのです。
NOPLAT=営業利益×(1-実効税率)

3 キャッシュフロー計算書 CF Cash Flow Statesment

キャッシュフロー計算書(以下CF)は、「実際の現金の流れ」を示すもので、営業活動による営業CF、投資活動による投資CF、財務活動による財務CFの3つがあります。

営業CFは、販売・仕入れ等本業に関わる活動による収入と支出の差額を表します。合計額がプラスの会社は、本業が順調に行っている証拠です。
投資CFは、固定資産や株等の取得・売却による現金の流れを表します。営業活動を行っていくためには、設備投資などへの投資が必要なため、マイナスとなることが多いと言えます。プラスの場合は、会社が持っている設備などを売った金額が投資分を上回っていることがわかります。
財務活CFは、営業CFと投資CFの合計でキャッシュが足りない分をいかに外部からの借入や株式発行などでの資金調達で行ったかを表します。株主への配当金の支払いや、自社株買い、借金の返済を行った場合は、マイナスになります。逆に借入金や社債などで資金調達すればプラスになります。

なお営業キャッシュフローと投資キャッシュフローの合計をフリーキャッシュフロー(簡便)と呼びます。
この場合のフリーとは会社が自由にできる資金という意味で使われていますが実は企業価値の評価で用いるフリーキャッシュフローとは異なります。
一般には現金収支あるいは簡便キャッシュフローと呼ばれています。フリーキャッシュフローには2種類あるのでので注意が必要です。

配当支払い後の当期利益が資本の部の剰余金に加算されていくことで資本が強化されていきます。
資本金は増加は増資だけでなく利益でも増えていくことに注意が必要です。

さらに詳しく学びたい方は拙著をご覧ください!
平野敦士カール の カール教授のビジネス集中講義(4) 金融・ファイナンス を Amazon でチェック! https://amzn.to/2IrUOAU

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする