ラテラル・マーケティング Lateral Marketing

ラテラル・マーケティング Lateral Marketing

You are here:
< Back

「ラテラル・マーケティング」 とは  水平思考で行うマーケティングのことです。 「マーケティングの神様」と呼ばれるフィリップ・コトラーが、2003年に共著『コトラーのマーケティング思考法』で提唱したことで有名になりました。具体的な事例でご説明します。

もともと水平思考は、イギリスのエドワード・デ・ボノが提唱した ラテラルシンキング という発想法です。

ロジカルシンキングのような既成の枠組みに従って考えること(垂直思考)から離れ、さまざまな角度から自由に思考をめぐらせることで、新たな発想を導き出します。

コトラーは、それまで主流だった論理的なマーケティング手法すなわちバーティカルマーケティングでは新たなチャンスを見つけるのは難しいとして、この非論理的なマーケティング手法をすすめました。

 ラテラル・マーケティングは3ステップでおこないます。


1 フォーカスを選択する
 フォーカスとは思考の対象として注目すべきもののこと。そのフォーカスの特性を考えます。たとえば花なら「香りがいい」「色がきれい」「枯れる」などです。

2 水平移動により、ギャップ(=刺激)を誘発する
 1で考えた特性を一つ選び出し、変化を加えます。変化のさせ方には、「逆転」「代用」「結合」「強調」「除去」「並べ替え」があります。


 たとえば、花の特徴である「枯れる」を「逆転」させると、「いつまでも枯れない」となります。フォーカスしたもの(花)とここで導き出したキーワード(いつまでも枯れない)には隔たりがあることから「ギャップ」と呼びます。


3 ギャップを埋める方法を考える(連結する)
 たとえば「花」なら、「いつまでも枯れない」方法を考えるのです。すると、「枯れない花=造花」などの答えが出てくるわけです。

新商品の開発などではマイナスの事象、ここでは花は枯れる という特性を選ぶと問題解決を行える新商品が生まれる可能性が高いと感じています 

★カール経営塾動画無料!メルマガ★ 

既に100名以上の経営者がご登録済です​無料で経営学を動画で学べる「カール経営塾動画」メルマガに今すぐ登録してください!​経営学を学ばずして会社を経営することは、無免許運転をしているのと同じではないでしょうか?​少子高齢化や実質賃金の減少、消費税の引き上げなど今後も益々景気の悪化が予想されます。​そうした中で経営者として必須の経営学(経営戦略)を体系的に学んだ経営者はどれだけいるのでしょうか?​私自身東京大学経済学部で経営学を学びましたが30年以上も前の理論であり今の時代には通用しなくなっている点が多数あります だからこそ最新の経営学を体系的に毎日5分程度の動画68本で学べるこのコースを作成しました!​私、平野敦士カールは30冊以上の経営を上梓している経営コンサルタントであり、ハーバードビジネススクールや早稲田MBA非常勤講師や大前研一氏が学長を務めるBBT大学教授のほか世界中で基調講演を行ってきました。​社長、起業、独立を目指している方や士業など既に独立されている方、就活している方、MBAを取得しようとしている方はこの動画で経営に必要な知識を完全マスターできます​本無料動画メルマガではそのエッセンスをお伝えします! 

動画でもご説明しましたのでぜひチェックしてみてください!

★カール経営塾動画★ラテラルマーケティング マーケティング戦略
ラテラルマーケティングとは

経営学用語を検索!