リバース・イノベーション Reverse Innovation

リバース・イノベーション Reverse Innovation

You are here:
< Back

「リバース・イノベ ーション」とは、簡単に要約すれば「途上国で最初に採用されたイノベーションが先進国に広まっていく」という現象です。ビジャイ・ゴビンダラジャン ダートマス 大学教授らが提唱し、書籍も一躍注目されました。

従来は、イノベーションとは、「先進国で生まれたものが、 新興国や途上国へと広がっていく」と考えられていました。

★カール経営塾動画★第32回リバース・イノベーション
リバース・イノベーション

その一例が、インドで開発され、今や世界的に広まった GEの心電計です。当初、GEはインド市場で先進国で既に 発売されていた高性能の心電計を販売しましたが、まったく 売れませんでした。重くて持ち運びにくく、電力の消費も激
しく、使い方も難しかったからです。インドでは、性能はそ れほど高く無くても良いので、どこにでも持ち運べて、電力 消費が少なく、簡単に使える心電計が求められていました。そこで、GEはインド市場に合わせた心電計を一から開発
。公共のバスで使われている簡易的なプリンタを採用し、モ ニターをなくすことで、軽くてバッテリーで作動する心電計 を実現させました。その結果、インド市場でヒットしたのは 想定内でしたが、意外なことに「小型で軽い心電計なら欲し い」と先進国においてもヒットしていったのです。

事例としては日本企業でもリクシルなどがアフリカ等の新興国でのリバースイノベーション事例がありますが今後益々増えてくるでしょう。

リバース・イノベーションは、先進国向けの商品から少し 機能を落とした低価格モデルでは新興国や途上国市場の課題解決は難し いことも示唆しています。根本的な発想の転換が必要なのです。

ゴビンダラジャン教授は、このようなリバース・イノベーションを生み出すには、「性能」「インフラ」「持続可能性 」「規制」「好み」という5つのギャップに着目することが 出発点になるとしており、現地の起業家的組織(LGT)に 権限を大幅に移譲することが必要だと指摘しています。

★カール経営塾動画★無料!メルマガ 

既に100名以上の経営者がご登録済です​無料で経営学を動画で学べる「カール経営塾動画」メルマガに今すぐ登録してください!​経営学を学ばずして会社を経営することは、無免許運転をしているのと同じではないでしょうか?​少子高齢化や実質賃金の減少、消費税の引き上げなど今後も益々景気の悪化が予想されます。​そうした中で経営者として必須の経営学(経営戦略)を体系的に学んだ経営者はどれだけいるのでしょうか?​私自身東京大学経済学部で経営学を学びましたが30年以上も前の理論であり今の時代には通用しなくなっている点が多数あります だからこそ最新の経営学を体系的に毎日5分程度の動画68本で学べるこのコースを作成しました!​私、平野敦士カールは30冊以上の経営を上梓している経営コンサルタントであり、ハーバードビジネススクールや早稲田MBA非常勤講師や大前研一氏が学長を務めるBBT大学教授のほか世界中で基調講演を行ってきました。​社長、起業、独立を目指している方や士業など既に独立されている方、就活している方、MBAを取得しようとしている方はこの動画で経営に必要な知識を完全マスターできます​本無料動画メルマガではそのエッセンスをお伝えします! 

経営学用語を検索!