You are here:
< Back

ソーシャルグラフとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などのソーシャルメディアにおける人間のつながり、相関関係を、点と線分で示した図あるいはそのデータを指します。

ソーシャルグラフは、人を示す点をノードと呼び、その関係性を示す線をエッジと呼びます。

グラフ理論

フェイスブックやツイッターなど多くのインターネットサービスではこれらのグラフを外部のサイトに移植して利用することができるようになってきています。

たとえば友達同士や同じ趣味の知人同士や同様の趣味を持つ人たちなどの情報を分析することでマーケティングへの利用や、他のインターネットサービスと連携することが行われています。

たとえば米国最大のオークションサイトであるイーベイは友達に仲間同士でお金を出し合ってプレゼントを贈るサービスで成果を上げています。

その際に贈られる対象となる人のフェイスブック上での関心のある情報(好きなブランドやアーティストなど)を贈る側の友達がイーベイでの商品選択に利用できるようにしており、それによって贈る側も贈られる側も便利で満足度の高いサービスを実現しています。

ソーシャルグラフは、もともと数学におけるグラフ理論から派生したものです。グラフ理論については拙著「最強の人脈術」に詳しく書きましたのでぜひご一読ください

グラフ理論とは、複数の点の「つながり方」を「点とそれをむすぶ線」であらわす概念をグラフと呼び、 グラフが持つ様々な性質を分析・探求する数学理論のことです。

フェイスブックの「いいね!」ボタン(Like Button)を押すと、つながりができたユーザー同士で情報を共有できるサービスとしてソーシャルメディア上の相関関係をあらわす概念として広く普及しました。

ソーシャルグラフとは人同士の相関関係を示す図やデータのことでノードとエッジで表わされるものなのです

関関係を示す図やデータのことでノードとエッジで表わされるものなのです

さらにマーケティングを学びたい方は 以下の本をお読みください!3万2千部突破!

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論