VRIO分析

VRIO分析

You are here:
< Back

VRIO分析とは、「経営資源が競争優位をつくる」という「リソース・ベースド・ビュー」の考えに基づき、経営学者のジェイ.B.バーニーによって考案されました。

具体的には、企業がどのような経営資源を持っているのか、またそれを活用する能力があるのかどうか、を、価値(Value)、希少性(Rarity)、模倣可能性(Inimitability)、組織体制(Organization)の4つの切り口から分析します。

★カール経営塾動画★第20回VRIO分析経営学(経営戦略)

VRIO分析

特に重要なのは模倣可能性です。これらの4つを満たしていれば、競争優位性を継続的に保つことができると判断できますがとりわけ他社が模倣できないことは競争優位を考えるうえで最も重要な視点だからです。

注意するべきは、競争優位を持続するために不足している点をいかに強化するか?という視点で考えてみることです。

●VRIOの基本説明

1.価値(Value)
顧客から見て、自社の製品・サービス・経営資源はどの程度価値があるのか
2.希少性(Rarity)https://youtu.be/aJCch5qFohA
自社の製品・サービス・経営資源は、希少価値があるのか
3.模倣可能性(Inimitability)
自社の製品・サービス・経営資源は、他社にマネされやすいかどうか(コスト面、技術面など)
4.組織体制(Organization)
経営資源をきちんと活用できる組織体制があるのか(人事制度や研究開発体制など)

参考:カール教授のビジネス集中講義 経営戦略 朝日新聞出版
カール教授のビジネス集中講義(1)経営戦略

カール経営塾動画無料!メルマガ

既に100名以上の経営者がご登録済です​無料で経営学を動画で学べる「カール経営塾動画」メルマガに今すぐ登録してください!​経営学を学ばずして会社を経営することは、無免許運転をしているのと同じではないでしょうか?​少子高齢化や実質賃金の減少、消費税の引き上げなど今後も益々景気の悪化が予想されます。​そうした中で経営者として必須の経営学(経営戦略)を体系的に学んだ経営者はどれだけいるのでしょうか?​私自身東京大学経済学部で経営学を学びましたが30年以上も前の理論であり今の時代には通用しなくなっている点が多数あります だからこそ最新の経営学を体系的に毎日5分程度の動画68本で学べるこのコースを作成しました!​私、平野敦士カールは30冊以上の経営を上梓している経営コンサルタントであり、ハーバードビジネススクールや早稲田MBA非常勤講師や大前研一氏が学長を務めるBBT大学教授のほか世界中で基調講演を行ってきました。​社長、起業、独立を目指している方や士業など既に独立されている方、就活している方、MBAを取得しようとしている方はこの動画で経営に必要な知識を完全マスターできます​本無料動画メルマガではそのエッセンスをお伝えします! 

★カール経営塾動画★経営学(経営戦略)完全マスターでは68本の動画で
経営戦略が体系的に学べます! https://school.carlbusinessschool.com/p/strategy

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論