You are here:
< Back

現在価値とは何か? What is Present Value?

時間とともにお金の価値は変化しています
たとえばあなたは今日100万円もらえるのと一年後101万円もらえるのとどちらが良いでしょか?

多くの人は来年なんてどうなるかわからないから今日貰いたいと思うのではないでしょうか?

では一年後に110万円貰えるならばどうでしょうか?

ちょっと迷いますね。理論的には今日の100万円をすぐに預金すれば1年間で利息が付きますから仮に預金金利が5%と仮定したら1年後には105万円になります。これが現在の100万円の一年後の将来価値です。

したがってこの場合は一年後に110万円もらえる方が得だということになります。

ここで一年後の105万円の現在価値は100万円だと呼ぶのです。

すなわち現在価値とは将来の価値をある割引率で割り引くことで算定されるものです。

なおファイナンスでは割引率とか期待収益率とか類似の言葉が多く出てきますがすべて同じ意味です。立場の違いから使い分けているだけです。

企業の場合には株主や銀行などの債権者は経営者がうまく経営することで彼らが銀行預金などに資金を振り向けるよりももっと儲かることを期待しているのです。これが期待収益率と言われるものです。つまり株主や債権者が期待する利回りを期待収益率と呼ぶのです。

ここで毎年100万円のキャッシュを生む会社があるとしましょう。
そして株主や債権者の期待収益率を仮に5%としましょう。

すると1年後の100万円は1.05で割った値約95.23万円が現在価値になります。
2年後の100万円はさらに1.05で割ることになります。つまり1.05の二乗で100を割ったって90.7万円が現在価値になります。
三年目は1.05の3乗で100万円を割った値になりますぅ。
つまり毎年生み出される100万円のキャシュは1.05を複利で割った数字になります。

この割引率のことをDFディスカウントファクターと呼びます。

そして毎年のキャッシュフローをDFで割り引いてそれらを総合計すれば将来生み出されるキャッシュの現在価値の合計がわかるはずです。
つまり将来生み出されるキャッシュフローの合計の現在価値が今の会社の価値になると考えることができるのです。

まとめると、「企業価値を求めるためには株主や債権者が期待する何らかの利率で将来のキャッシュフローの合計を割り戻して現在価値を出す」のだということです。

詳しくは カール教授のビジネス集中講義(4) 金融・ファイナンス を Amazon でチェック! https://amzn.to/2CcWnBy

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論