You are here:
< Back

1株当たり純利益(EPS)Earnings PER Share

一株当たり、どれだけの利益を出しているのかを知るための指標です。当期純利益÷発行株式数で算出できます。

本来なら株主に還元すべき配当だといった考え方もあります。数字が大きければ大きいほど儲かっていることになるわけです。

最近は、企業を評価する際、EPSが用いられることが多くなってきたので、IR情報などでEPSの数値目標を掲げるところもでてきました。それにともなって、企業が意図的にEPSをあげる動きもみられます。

具体的には、自社株買いをして分母を減らしたり、不動産を売却して特別利益を出したりといった具合です。

逆に、株式分割や増資などをすれば分母が大きくなってEPSは下がってしまいます。

こうした操作や影響があるので、EPSだけで判断するのは危険です。

一方、M&Aで株式の交換比率などを決める時にはEPSは便利な指標になります。

EPS=当期純利益÷発行株式数

更に学びたい方は⇒
平野敦士カール の カール教授のビジネス集中講義(4) 金融・ファイナンス を Amazon でチェック!
https://amzn.to/2IrUOAU