Youtubeの次に来る垂直型プラットフォームとは?

プラットフォーム戦略Blog
ソーシャルメディア

動画オンラインプラットフォームでは、Youtubeが量で圧倒的なNo1プラットフォームとなっていることは疑いの余地はない。子供の将来のなりたい職業にYoutuberがランクインしていることからも、また最近のテレビにおける出演者もフワちゃんをはじめとして人気Youtuberが進出している。凋落傾向になるテレビに若いネットユーザーを取り込もうとしているのかもしれない。

しかし一方でビジネス系のYoutuberの一部には撤退あるいは休止する人が多くなっている印象がある。理由は儲からないからだ。

主な収益源は再生回数に応じた広告料だがエンタメ系では1再生で0.1~0.3円程度、ビジネス系でも0.5~1円程度と言われているが公表することは規約で禁じられているために正確にはわからない。ただ100万回再生されても10万円~100万円といったレベルだろう。

人気YoutuberはYoutubeで人気になると独自のサロンやYoutubeのメンバーなどで課金をすることで広告料収入とは別の収益源を得ているのが実態だろう。それらはいわゆるサブスク(月額課金)モデルだ。

Youtubeはある意味集客のためのショーケースとしての性格が強まってきており最近は音声プラットフォームと併用もしくは移行するYoutuberも出てきている。

動画作成はそれなりに編集コストや時間がかかるのに比べてポッドキャストやクラブハウス、Voicyなどは音声のみのために手軽であることも大きな要因だろう。

一方で、量より質 という動きも出てきている。

つまり、ユーザーエクスペリエンスの品質を重視したあらたなプラットフォームの台頭だ。

Youtubeには大量の動画コンテンツがあり、検索によってある程度意中のコンテンツにたどり着くことは可能だが、アルゴリズム上再生回数やどのくらい長く見られているかという視聴維持率、高評価の数など複数の項目で上位表示されるかが決まってくるようだ。

このためどうしても再生回数をあげようとする迷惑Youtuberのような存在が出てきたり、他人のコンテンツの切り抜きを行うYoutuberが数多く出てきているのが現実だ。

こうしたコンテンツやサプライヤーの多様性よりもしっかりとしてクオリティ、つまり質を重視するユーザーにとってはYoutubeは必ずしもベストではない。

またそうした質の高いコンテンツを提供する側からも多くのYoutubeの視聴者は「無料」で動画を見る人達であってお金を払ってくれるユーザーの割合は当然ながら少ないことに気が付いている。

そうした中で、あらたにある分野に特化した垂直型とでもいうべき新しいプラットフォームが人気を獲得しつつある。

たとえば、オンラインでダンスの講座を提供する急成長中のSteezyやオンラインでの瞑想やマインドフルネスが行えるアプリを有料で提供しているCalmやHeadspace、さらにはオンラインフィットネスでも特定のスポーツに特化したサブスク型のプラットフォームを提供するベンチャーが人気だ。

これらの垂直型プラットフォームは有名人を起用したりプロフェッショナルを厳選して独自のコンテンツを作成してスマートフォンのアプリを通じてサブスクモデルでインストラクターとユーザーが双方向でコミュニケーションできるような取り組みをはじめている。

一方で脱プラットフォームを助けるベンチャーも数多く登場している。

たとえばShopifyだ。アマゾンなどのプラットフォームではなく、独自に自社の店をワンストップで簡単にかつ低価格で実現できるソフトを提供している企業だ。

このShopifyモデルつまり脱プラットフォーム あるいは 分散型を促進するベンチャーが今ホットだ。

テッククランチによれば
Sutra–フィットネスインストラクターのためのShopify
Orchata –オンライン食料品店のShopify
Virtually –オンラインスクール向けのShopify
Bikayi –インド向けShopify
Epihub –オンラインで教える人のためにShopify
Orange Health –医師のためのShopify
Farel –地域航空会社のShopify
ShopifyのA / Bテストを行うことを目的としたJika

Shopifyのモバイル向けに最適化されたストアフロントを構築しているOnce

などがYcombinatorでも人気だという。

プラットフォームもあらたな時代に入りつつあるのかもしれない。

★カール経営塾動画★では無料から経営MBAのプラットフォーム戦略(R) 経営戦略からマーケティング、ファイナンス、起業関連など様々な動画講座、無料講座も登場して大人気です!ぜひチェックしてみてください!
https://school.carlbusinessschool.com/

  • 経営学用語

ファイナンスFinance

マーケティング

経営戦略論

Translate »
タイトルとURLをコピーしました