当座比率とは Quick assets ratio

You are here:
< Back

当座比率 Quick assets ratio 当座比率は当座資産÷流動負債で算出します。

当座資産とは、流動資産の一部で、現金,預金,受取手形,売掛金,有価証券,未収金など換金性が高い資産だけを抜き出したものです。いつ売れるのか分からない棚卸資産などが含まれる流動資産と違って、当座資産はほぼ確実に1年以内に現金化が可能です。

そこで、1年以内に返済期間がやってくる流動負債を返済できるかどうかを判断するときに、「当座比率」が重要な役割を果たします。

当座比率は、100%あれば安心だと言われています。
流動比率の安全基準の半分。それだけ確実性が高い指標だといえるでしょう。

ただし、当座比率だけを見て判断するのは危険です。たとえば、企業がリストラなどを押し進めれば、一時的に退職金などの支払いが増え、当座比率が悪化します。

当座比率=当座資産÷流動負債×100

平野敦士カール の カール教授のビジネス集中講義(4) 金融・ファイナンス を Amazon でチェック!
https://amzn.to/2IrUOAU

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする