You are here:
< Back

総資産利益率(ROA)Return on assetsとは?

企業が、どれだけ効率よく『資産』を回して、どのくらい利益を生みだしているか、を示す指標です。
利益÷資産で算出しますが、売上高利益率×総資産回転率でも算出できます。

利益の部分は、営業利益を当てはめれば、本業の効率性と収益性がわかりますし、経常利益を当てはめれば、すべての事業活動の効率性・収益性がわかります。

鉄鋼や電力、鉄道など、大規模な設備や機械が必要な産業は、ROAが低くなる傾向がある一方、IT企業のようにそれほど設備を必要としない産業は、ROAが高くなる傾向があります。したがって、業種の異なる企業のROAを比べても、あまり意味はありません。投資判断に使うなら、同業同士で比べましょう。
ROA=利益÷資産×100
もしくは
ROA=売上高利益率×総資産回転率×100

さらに詳しく学びたい方は
平野敦士カール の カール教授のビジネス集中講義(4) 金融・ファイナンス を Amazon でチェック!
https://amzn.to/2IrUOAU