You are here:
< Back

固定比率 Fixed ratio 
固定比率は固定資産÷株主資本で算出できます。

固定資産は1年以上使用できる10万円以上の資産のこと。
土地、建物、機械、営業権、特許権、ソフトウェアなどさまざまなものがあります。

株主資本の特徴は返済義務がないことです。
固定資産は使用期間が長いので、投資に対する安全性は、株主資本で判断するのがふさわしいと考えられています。
固定比率で目指したいのは100%以下
高くなれば、借入金による投資が多いことを示しています。財務の健全性をはかる指標になります。

一方、建物や機械など減価償却できる固定資産に投資している場合は、最初は固定比率が高くなりますが、次第に改善されます。
同時に、それは設備の老朽化が進んだことを意味しているので、さまざまな側面からの判断が重要です。

固定比率=固定資産÷株主資本×100

平野敦士カール の カール教授のビジネス集中講義(4) 金融・ファイナンス を Amazon でチェック!
https://amzn.to/2IrUOAU