You are here:
< Back

製品ライフサイクルproduct life cycle

導入期Introduction. phase 成長期Growth phase.

成熟期Maturity phase. 衰退期Decline phase.

製品ライフサイクルは人間と同じように「製品には誕生から衰退までの流れがある」という考え方です。自社製品がどの時期にあるかを把握することで、戦略立案の参考になります。

具体的には、ある企業が新製品を世に送り出す「導入期」、売上や利益が急速に伸び競合も増えてくる「成長期」、売上の伸びが鈍化しライバル社との競争が激しくなる「成熟期」、代替品の登場などによって売上や利益が下がり多くの企業が撤退する「衰退期」の4つの時期をたどります。売上高はS字曲線になるとされています。

製品がどの時期にあるかによって、とるべきマーケティング戦略は変わってきます。たとえば、導入期は売上や収益は低い状態ですが広告宣伝費などのプロモーションを行わなければならないので赤字になる可能性も仕方ありません。成長期は市場規模が拡大しているので、市場で知られた存在になり多くのシェアを獲得することを目指すことが重要になるのに対し、成熟期は競争が激しくシェアを奪いにくいので、シェアを維持しながら収益を上げる戦略が重要になってきます。

自社が扱う製品はどの時期にあるのかを把握することで、戦略の誤りを防ぐことができるでしょう。

但し製品ライフサイクルはあくまで一つの参考であり、成長期から衰退期に急落したり、成熟期にあったはずの製品が再び成長期を迎えたりする製品もあるので、注意が必要です。

平野敦士カール の カール教授のビジネス集中講義 マーケティング を Amazon でチェック! https://amzn.to/2CE3GUH