カール経営塾~経営起業独立MBAのためのオンラインビジネス力養成スクール - Part 11
Blog

水道橋博士さんとご一緒にNIKKEITRENDEXPO2017に登壇しました♪

先日ベルサール東京日本橋にて水道橋博士さんとご一緒に登壇した日経トレンディ様のNIKKEI TREND EXPO 2017「30年間のヒット商品から見えた! これからの“ものづくり”のヒント」での画像をいただきました! 30年間のヒットを...
Blog

バイラルを起こす10の方法 Amazon1位最新プラットフォーム戦略(R)Matchmakers

日経新聞の書評で絶賛したいただいたおかげもあり 最新プラットフォーム戦略マッチメイカー がアマゾン部門1位になりました!感謝申し上げます プラットフォーム戦略(R)、ネットワーク理論での中核はバイラル 口コミ(正確には異なります) つ...
経営ビジネス

ポーターの3つの基本戦略

ポーターの3つの基本戦略 Porter's three generic strategies~ lower cost, differentiated focus とは他社に対する競争優位(competitive advantage)を...
経営ビジネス

アンゾフの製品―市場マトリクス(成長ベクトル)

アンゾフの製品―市場マトリクス(成長ベクトル)Product-Market Growth Matrix とは事業拡大する際に使用するフレームワークです。 詳しくは以下をご覧ください! 更に学びたい方は⇒カール教授のビジネス集中講義 ...
経営ビジネス

3C分析(Customer, Competitor,Company )

自社の現状を市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の3つの切り口で分析するフレームワークです。 「市場」と「競合」が外部分析、「自社」が内部分析です。 「市場・顧客」「競合」「自社」...
経営ビジネス

【実質賃金大幅マイナス】厚労省認める 毎月勤労統計の偽装が発覚!PEST 

実質賃金 大幅マイナス 専門家算出 厚労省認める
戦略的思考ロジカルシンキング

SWOT分析 クロスSWOT分析

SWOT分析は、事業をとりまく内部環境と外部環境を分析するためのフレームワークです。強み(Strength)、弱み(Weakness)といった内部要因と、機会(Opportunity)、脅威(Threat)といった外部要因、計4つの要因を分...
戦略的思考ロジカルシンキング

フレームワーク Framework

「フレームワーク」とは情報等を整理するための枠組み・公式のことです。 戦略的にものごとを考えるときにフレームワークを使いますがフレームワークとはどのようなものでしょうか?★カール経営塾動画★でもご説明しました! 1 フレームワークとは? ...
戦略的思考ロジカルシンキング

ピラミッドストラクチャー(構造化) Pyramid Structure

ピラミッドストラクチャーは、元マッキンゼーのバーバラ・ミント氏が考案した、戦略思考を整理し、わかりやすく説明する図化の技術です。 演繹法と帰納法を組み合わせて自分の主張を頂点として根拠がピラミッドのような形に配置された図化することを構...
戦略的思考ロジカルシンキング

Why so? So What?

ある仮説や結論とその根拠を導き出したら最後に必ずWhy So? So What?のふたつを自問してみましょう。
戦略的思考ロジカルシンキング

MECE(ミッシー)とは?Mutually Exclusive Collectively Exhaustive

MECE(ミッシーあるいはミーシー)とは「漏れなくダブりがない」状態のことです。情報を分類して整理する際に有効な考え方です。ロジカルシンキングをする上でとても重要です。詳しくは以下をご覧ください! さらに学びたい方は⇒朝日新聞出版 カ...
戦略的思考ロジカルシンキング

「帰納法」Inductive Approachと「演繹法」Deductive Approach

実際に仮説を立てるには「帰納法」と「演繹法」の2つの方法があります。英語ではInductive ApproachとDeductive Approachと言います。 帰納法とは、いくつかの事実や情報を基に、そこから考...
Blog

仮説思考とは

仮説思考 hypothesis thinking  仮説思考とは、データ収集を行う前に仮の結論を考えて、その結論を導くための原因となる事項は何かを整理し、それらを裏付けるようなデータ等を収集していくことです。つまりまず最初に仮の結論である...
Translate »
タイトルとURLをコピーしました