【超入門】金融工学まとめ financial engineering

金融工学超入門!

金融工学financial engineering とは

金融工学とは資産運用について、1950年代から米国で発達した確率や統計などの数学的手法を駆使してリスクを回避し、効率的なリターンを得ようとする学問です。スワップ・オプション・デリバティブなどがあります。
一見難しそうに思えますがみなさんが購入している金融商品にも取り入れられている可能性が高いので基本的なところだけでも理解しておきたいところです。詳しくは⇒ 金融工学とは

 デリバティブとは? derivative 先物取引 Future transactions

デリバティブは、一般に「金融派生商品」又は「派生商品」と訳されます。
これは様々な金融商品のリスクを軽減する(リスクヘッジ)ためや、逆にリスクを取って投機的に収益追求を行う(スペキュレーション)のための商品です。市場価値と比較して割高もしくは割安の金融商品を売買することにより利益を得る目的でのアービトラージ(裁定取引)としても利用されます。
元になっている金融商品のことを「原資産」と呼びます。
デリバティブの取引には、主に先物取引、オプション取引、スワップ取引の3種類があります。
続きはこちら⇒デリバティブとは

先渡取引 Forward transactions

先渡取引(さきわたしとりひき)は、将来の時点に、予め定めた価格で、ある商品を売買する約束をするという点では、先物取引と同じです。しかし、先物取引(フューチャー)とは異なり、店頭で取引される相対取引で英語ではフォワード取引といいます。
続きはこちら⇒ 先渡取引とは

スワップ取引 Swap Transaction

スワップは、「交換」という意味です。金利スワップ取引や通貨スワップ取引などがあります。
続きはこちら⇒スワップ取引とは

オプション Option

オプションとは、英語で選択権を意味しますが、ある金融商品(原資産と呼ぶ)をあらかじめ決めた価格(行使価格と呼ぶ)で買う又は売ることの権利の売買のことです。そしてこの権利を買うためにはプレミアムという一種の保険料を払う必要があります。
オプションにはあらかじめ決めた行使価格で商品を買う権利であるコールオプションと、商品を売りつける権利であるプットオプションの2つがあります。続きはこちら⇒オプション取引とはコールオプション・プットオプション

ブラック・ショールズ・モデル B&S Model

B&Sモデルは、1973年にアメリカのフィッシャー・ブラック(Fischer Black)とマイロン・ショールズ(Myron Scholes)が共同で発表し、ロバート・マートン(Robert C. Merton)によって証明されたオプション価格評価モデル、つまりオプション価格を算出するための計算式です。ものすごく大まかに直感的にご説明すると「オプションの価値とは満期(行使日)の株価から現在の株価を引いたものの現在価値」と考えられます。続きはこちら⇒ブラックショールズモデルとは

バリュー・アット・リスク Value at Risk(VaR)

バリュー・アット・リスクとは、市場リスクの管理手法の一つで、現在保有している資産が、ある一定の確率の範囲内(信頼区間)で、マーケットの変動によって、最大でどのくらいの損失額が出るのかを統計的手法を使って算出する指標です。続きはこちら⇒バリューアットリスクとは

リアル・オプション  real option

リアル・オプションとは、オプションの価格決定理論を実物の世界(リアル)に応用して、プロジェクト、不動産等への投資機会の価値を評価しようという考え方です。続きはこちら⇒リアルオプションとは

更に学びたい方は⇒
>平野敦士カール の カール教授のビジネス集中講義(4) 金融・ファイナンス を Amazon でチェック!⇒ https://amzn.to/2CcWnBy

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論