負債比率とは Debt Equity Ratio

You are here:
< Back

負債比率 Debt Equity Ratio

企業の借金の状況から安全性をはかる指標です。他人資本÷自己資本×100で算出します。

他人資本は、金融機関などから借りたお金や債券など、いつか返済しなければならないお金、つまり借金を意味しています。
自己資本は返済の義務はないお金です。

負債比率が高いということは、資本に比べて多額の借金をしていることを意味しています。
無借金経営ならゼロになります。
負債比率は低ければ低いほど安全ですが、一般には100%以下なら望ましいと言われています。

負債比率が高ければ、担保能力が低くなるので借り入れが難しくなります。
株主にとっては投資した資金の一部が金利の返済に使われることを意味します。
負債比率を減少させるためには、借金を減らす、利益をあげて内部留保を積み増す、増資などの方法があります。

負債比率=他人資本÷自己資本×100

平野敦士カール の カール教授のビジネス集中講義(4) 金融・ファイナンス を Amazon でチェック!
https://amzn.to/2IrUOAU

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする