You are here:
< Back

負債比率 Debt Equity Ratioとは、企業の借金の状況から安全性をはかる指標です。算出の公式は他人資本÷自己資本×100です。

他人資本は、金融機関などから借りたお金や債券など、いつか返済しなければならないお金、つまり借金を意味しています。
自己資本は返済の義務はないお金です。

負債比率が高いということは、資本に比べて多額の借金をしていることを意味しています。
無借金経営ならゼロになります。
負債比率は低ければ低いほど安全ですが、一般には100%以下なら望ましいと言われています。

負債比率が高ければ、担保能力が低くなるので借り入れが難しくなります。
株主にとっては投資した資金の一部が金利の返済に使われることを意味します。
負債比率を減少させるためには、借金を減らす、利益をあげて内部留保を積み増す、増資などの方法があります。なお、流動負債比率と長期負債比率もチェックしましょう。個人でも借金が多い人は借りるのが難しくなるのと同じですね。

但し銀行やマンション建築業者など業種によっては有利子負債が多くなるビジネスモデルですから一概に負債比率が高いからといって危険ということではないのです。

負債比率がマイナスの場合には債務超過になっている可能性があり倒産の危険性が高いと言えます。

また、D/Eレシオとは、「負債資本倍率」と呼ばれ、企業財務の健全性(安全性)を見る指標の一つです。負債(Debt)が株主資本(Equity)の何倍に当たるかを示す数値です。

なお自己資本比率は、貸借対照表の右側(流動負債と固定負債、純資産の合計(総資産))に対する自己資本(純資産(資本金や繰越利益剰余金))の割合を表す指標です あわせてチェックしておきましょう!

負債比率=他人資本÷自己資本×100

平野敦士カール の カール教授のビジネス集中講義(4) 金融・ファイナンス を Amazon でチェック!

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論