サンクコスト(埋没費用)バイアス

ソーシャルメディア
You are here:
< Back

サンクコスト(埋没費用)とは、既に使ってしまったお金・労力・時間などで今やめても戻ってこないものを指します。サンクコスト効果(サンクコストバイアス)とは、サンクコストがあるために「もったいない!」という気持ちから、直ちに損な取引を止めることができないという人間心理のことです。そのために結果的に却って損失が拡大してしまうのです。

例として、英国とフランスの共同開発であった超音速旅客機コンコルドの失敗が有名です。
コンコルドは採算が取れないとの見通しがあったにもかかわらず既に膨大な開発費を投じてしまったために計画を中止できずに続けたために結局倒産してしまいました。

本来であれば採算が取れないという見通しが立った時点で中止するべきだったのに、既に膨大な開発費を投下してしまったいるために、その資金が無駄になる、つまりサンクコストになるということから更に損失を増やしてしまったわけです。

まさにサンクコストバイアスの例といえるでしょう。このためサンクコスト効果はコンコルドの誤謬、サンクコストの呪縛、サンクコストの呪い、サンクコストの誤謬(ごびゅう)、サンクコストの誤り(Sunk Cost Fallacy)、サンクコストの罠などとも言います。

本来ならばその時間やお金を追加的に投入するのではなく、中止をしてその時間やお金を他のことに投下するべきだったのです。

対策としては、すでに投下してしまったコストは考えずに、今からどうなるのか?という視点からのみ判断するのが合理的な意思決定といえます。

中小企業でのデジタルトランスフォーメーションや日本のオリンピックなどもサンクコストは一旦忘れて今後の採算性を考えて過去を断ち切る勇気が必要なのかもしれませんね

  ↓

中小企業独立事業者のためのデジタルトランスフォーメーション入門

月100万円超のオンラインコンテンツ販売成功者誕生!日本を元気にするために経営学を100万に届けたい!無料で経営学動画30本3時間プレゼント中 一部上場企業の有名経営者ほか2500名が購読中!★カール経営塾動画無料!メルマガ★ にご登録ください!
https://www.carlbusinessschool.com/carlonlinebzschool/

★カール経営塾動画★では経営MBAのプラットフォーム戦略(R) 経営戦略からマーケティング、ファイナンス、起業関連など様々な動画講座、無料講座も登場して大人気です!ぜひチェックしてみてください!→ https://school.carlbusinessschool.com/

  • 経営学用語

ファイナンスFinance

マーケティング

経営戦略論

Translate »
タイトルとURLをコピーしました