マーケティングの起源 Origin of marketing  | ★カール経営塾★経営学用語集起業独立MBAの為のビジネス力養成サイト

マーケティングの起源 Origin of marketing 

ソーシャルメディア
You are here:
< Back

マーケティングは 大量生産品を売るために20世紀のアメリカで誕生しました。

そもそもマーケティングはいつ生まれたのでしょうか。実は、その歴史はまだ100年余りに過ぎませんん。

「1902年に、アメリカのミシガン大学などで『マーケティング』という言葉が使われ始めた」「1905年にオハイオ州立大学で『マーケティング』の講座がスタートした」など、さまざまな説がありますが、いずれにしても、始まりは20世紀に入ってから、アメリカで生まれたものです。


その背景には、産業革命に加えて、鉄道と通信網が発達したことで、大量生産した製品をアメリカ全土に流通できるようになった、つまり全土が”市場”になったことがあります。これによって販売ネットワークの整備などの「市場で売るための方法論」が必要になったことから、マーケティングという言葉が盛んに用いられるようになったわけです。


マーケティング論の元祖といわれているのが、A・W・ショーです。事務設備会社の経営者であった彼は、1912年に「市場流通における若干の問題」という論文を発表しました。このなかで、経済や社会などさまざまな階層から市場が構成されているという「市場等高線」概念を提示し、市場で需要を創りだすためには市場分析が必要であることを示唆しました。

元P&G社員のR・S・バトラーも、マーケティング黎明期のキーパーソン。1910年の「マーケティングの体系」という言葉を提唱し、ウィスコンシン大学で同名の講座を開講しました。

その後、マーケティングの研究が進み、さまざまなマーケティングの手法が生まれていくことになりました。
マーケティングは米国で起こった鉄道と通信網の発達による市場拡大が契機となって生まれたのです。

★カール経営塾動画★でもご説明しましたのでぜひチェックしてみてください!

★カール経営塾動画★マーケティングの起源・歴史 越後屋だった?!
マーケティングの起源

★カール経営塾動画無料!メルマガ★ 

カール経営塾動画無料メルマガ
御礼18万部突破!「日本を元気にするために経営学を100万人に届けたい!」という想いでこの動画メルマガをはじめました。

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論
Translate »