EBITとEBITDAの違い | ★カール経営塾★経営学用語集起業独立MBAの為のビジネス力養成サイト

EBITとEBITDAの違い

金融ファイナンス
ソーシャルメディア
You are here:
< Back

EBITは、Earnings Before Interest and Taxesの略です。読み方はイービット。

計算式は EBIT=税引前当期純利益+支払利息-受取利息 です

企業が借入している場合には支払利息が発生しますし貸付や預金をしている場合には受取利息が発生します。これらの影響を除いたものがEBITです。

EBITDAはEarnings Before Interest Taxes Depreciation and Amortizationの略です。読み方はイービットダーあるいはイービットディーエー。

計算例は EBITDA=税引前当期営業利益+減価償却費

設備投資が大きい企業では減価償却の額が大きくなるのでその影響を除いたものです。

EBITとEBITDAの違い

両方とも事業そのものの経営状況を把握するための指標です。

EBITは、借入金の影響を除くもの

EBITDAは、借入金の影響+設備投資の影響 を除くもの

一般的にはEBITDAが使われます。なぜならば、会計の基準が違う海外の企業と比較できる、業種の違う企業間で比較できるというメリットがあるからです

国によって借入金の利息は異なり税率も異なります。減価償却も業種や企業によって計上方法や計上するかどうかの判断が異なります。

このためEBITDAが利用されることが多いのです。

但し借入金の内容や設備投資の内容などはしっかりと精査する必要があることは言うまでもありません。

EBITDAマージンは、EBITDAを売上高で割った比率です。計算式は

EBITDAマージン =  EBITDA  ÷  売上高 です。

売上からどれくらいの比率のEBITDAを生み出せるかを示す指標です。

パーセントで表し、大きいほど収益性が高いと言えます。

EV/EBITDA倍率

EV(Enterprise Value 企業価値)がEBITDAの何倍かを表わす指標です。

この指標は、「企業買収に必要な時価総額+買収後の純負債の返済金額」を、EBITDAの何年分で回収できるかを示すため、簡易買収倍率と言われ8倍~10倍が妥当と言われています。 計算式は

EV/EBITDA倍率=(株式時価総額+純有利子負債+少数株主持分)/ (営業利益+減価償却費)

です

★カール経営塾動画★企業価値をあげるためのファイナンス講座 も大人気です!

M&Aについてはこちらに詳しく書きましたのでぜひご覧ください!

更に詳しくは 拙著 「金融・ファイナンス」をご覧ください!

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論
Translate »