ハインリッヒの法則 Heinrich’s law

ソーシャルメディア
You are here:
< Back

「ハインリッヒの法則」とは何かを簡単にわかりやすく説明する。

これはハーバート・ウィリアム・ハインリッヒが、工場で発生した労働災害を調査し発見して発見した事故の発生についての経験則で「1:29:300の法則」とも言う。

1件の重大事故の背後には、重大事故に至らなかった29件の軽微な事故が隠れており、その背後には事故寸前だった300件のヒヤリハット(ヒヤリとしたりハッとしたりする危険な状態)が隠れているという法則。古い調査であるが今でも嘘ではないとされる。

医療事故などでもあてはまるとされている。

参考『Industrial Accident Prevention-A Scientific Approach』(ハインリッヒ著)

『災害防止の科学的研究』(日本安全衛生協会)

  • 経営学用語

ファイナンスFinance

マーケティング

経営戦略論

Translate »
タイトルとURLをコピーしました