You are here:
< Back

プログラマティック・バイイングとは、取引運用型広告とも言われ、バナーなどインターネット上の広告枠をデータに基づくリアルタイムな広告枠の自動買い付けのこと

1回の広告表示ごとにオークション形式で取引を行う「リアルタイムビッディング(RTBReal-Time Bidding」は広告枠の自動売買の代表例です。広告枠を持つサイト運営者や広告主が、事前に入札条件を登録しておき、ターゲットとなる顧客がそのサイトにアクセスしてきた瞬間に広告の自動入札が行われて落札し他広告が表示される仕組みです。自動入札から落札、広告の表示まではわずか0.1秒以内といわれています。

Rocket Fuel社はプログラマティック・バイイングを 1.広告枠の取引がオークション方式 2.広告枠の取引がリアルタイム 3.ある顧客に向けて、ある特定の状況下で、ある特定の広告を見せるといったニーズに応えること と定義しています。

たとえば、インターネット上でクルマの情報サイトに頻繁にアクセスしているユーザーがサイト運営者のサイトにアクセスしてきた際に瞬間的に自動車関連の広告の間でオークションが行われてもっとも高い価格を事前に登録していた自動車関連の広告がユーザーに表示されるといった仕組みです。

これによって広告主にとっては手間やコスト削減につながるだけでなく、購買する可能性が高いセグメントに広告配信が自動的に行えることになり効率的な広告効果も期待できるようになりました。アメリカではアメリカン・エキスプレスがオンライン広告予算の100%をプログラマティック・バイイングのチャネルに移す予定であると報じられ、P&Gなどの大手広告主も一斉に利用するなど今後も急成長が予想されます。

プログラマティック・バイイングは広告枠の自動買付の仕組みで急成長中なのです

オンライン講座も大変人気です

早稲田MBAの授業を再現した動画講座

⇒ 【ITマーケティング】https://goo.gl/c1S5JS

 

さらにマーケティングを学びたい方は 以下の本をお読みください!3万2千部突破!

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論