You are here:
< Back

DSP(Demand-Side Platform)とは複数のアドエクスチェンジやアドネットワークに対して、最適化した広告配信をすることができる有料のプラットフォームのことです。

アドネットワークとは複数の広告媒体であるウェブサイトを束ねたもので、アドエクスチェンジとは複数のアドネットワークを束ねたもののことです。

DSPにより広告の在庫の買い付けや配信、掲載面やクリエイティブの分析、入札単価の調整などを自動的に最適化することができます。具体的な流れは下記の通りです。

DMp
DSP、SSP、DMPの仕組み

SSP(Supply-Side Platform)とは広告媒体(メディア)側の収益を自動的に最適化、最大化するためのプラットフォームのことです。

インプレッション毎に価格を算出し、1番高い価格で入札した広告が配信されるため、従来広告主や代理店が行っていた業務の多くが自動で最適化されるようになりました。

このような広告のインプレッションが発生するたびに広告枠の競争入札を行い、どの広告を配信するかを決定する仕組みのことをRBT(リアルタイム入札Real-Time Biddingと言います。リアルタイム入札では、入札希望者は事前に、ターゲットとするユーザーの属性、広告の掲載基準、掲載する場所、クリエイティブ、入札価格などを設定することで実際にインプレッションが発生した際に広告主の入札を募り、最も高く入札した広告主の広告を配信する仕組みです。

ただここでも重要なことはクリックされるような広告のクリエイティブ(広告のデザインやコピーなどの内容)であることには変わりはありません。

また、DMP(Data Management Platformとは、インターネット上の複数のサーバーに蓄積されたデータや自社サイトデータなどを一元管理して、CRMと融合した分析を行うことを可能とする広告配信の最適化を行う仕組みのことです。 

DSP SSPは最新の広告配信最適化の仕組みですがこれによってインターネット広告の営業マンの一部は不要になったと言われています

さらにマーケティングを学びたい方は 以下の本をお読みください!3万2千部突破!

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論