プラットフォーム戦略(R)ではどのようなKPIを設定するべきか?

というご質問が多いので簡単にご説明します

1 初期段階  

まずはニワトリ卵問題を解決して会員数を増やす段階です 

ジグザグ方式、L字方式、Narrow&Deep、リアル連動など4つの方法があることはすでにご紹介しましたhttps://www.carlbusinessschool.com/business/platformstrategy/

その際には ユーザー数(会員数) だけでなく 利用度(アクティブユーザー数)の方が重要指標です

具体的には アクティブユーザー比率=アクティブユーザー数÷ユーザー数

と もっと重要なのは

アクティブユーザー成長率=新規のアクティブユーザー数÷アクティブユーザー数

だといえるでしょう

2 成長期

ある程度テイクオフしてからは プラットフォームの拡大とクオリティコントロールのバランスが重要になってきます

一般的に拡大すればするほど質のバラツキが出てくるからです

つまり そのプラットフォームを使ってもなかなか意図したものや人に巡り合えなくなる危険性が高まります

いつも申し上げている アルゴリズム が重要になります

コンテンツをユーザー数のバランスも重要です 出会い系サイトなどでも

あえて 制限(フィルター)をすることで よりよいマッチングができるようにしています

ここではバランス率= コンテンツプロバイダー数÷ アクティブユーザー数 

もチェックしておきたいところでしょう

もちろん LTV(ライフタイムバリュー) 解約率(チャーンレート) 

サイドスイチング率(ユーザーがコンテンツ提供者になる比率)

なども重要指標です

3 成熟期

成熟期には やはり プラットフォームの栄枯盛衰 を見る限り

新たな機能追加 や買収等による新規事業が欠かせないでしょう

指標としてはやはり チャーンレート と 1のアクティブユーザー成長率

といえるでしょう

キンドルUnlimited ゼロ円!「プラットフォーム戦略」

【動画で学ぶと効果的です】
大前研一氏、三木谷浩史氏、内田和成氏、土井英司氏が推薦する「プラットフォーム戦略」(R)がオンライン動画で学習できます!
⇒【プラットフォーム戦略(R)入門講座】

https://goo.gl/Qy2Dzi

プラットフォーム戦略動画講座

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論