ネット広告会社は存亡の危機?!Googleが2年以内にクッキーのサポートを完全廃止 | ★カール経営塾★経営学用語集起業独立MBAの為のビジネス力養成サイト

ネット広告会社は存亡の危機?!Googleが2年以内にクッキーのサポートを完全廃止

平野カールBlog
ソーシャルメディア

Googleが2年以内にクッキーのサポートを完全廃止という衝撃的なニュースが飛び込んできましたね!予想はされていましたがついに!という感じです

ネット広告会社は存亡の危機?!Googleが2年以内にクッキーのサポートを完全廃止

Googleは1月14日に同社のWebブラウザであるChromeでのサードパーティークッキー(Cookie)のサポートを2年以内に完全に廃止すると発表しました。

すでにAppleは同社のWebブラウザFirefoxについてデフォルトでサードパーティークッキーをブロックしていますが、市場の6割を占めるといわれているGoogleのChromeでも廃止となる予定です。現段階でもChromeの設定をユーザーがブロックすることはできますが今後はデフォルトでブロックされることになります。

これによって、インターネット広告会社には抜本的な対応策が求められることになりそうです。また自社サイトや自社メディアの構築の重要性が増してくるのではないかと考えます。

Cookie(クッキー)とは?

クッキーとは、Webサイトを見たときにWebブラウザ側で作成されるデータであり、閲覧履歴ユーザー情報を保管する仕組みです たとえばログインしたサイトに再度アクセスした際にログイン状態が保たれているのはとても便利ですね これはまさにクッキーを活用しているわけです

このクッキーの情報は実はネット広告にも活用されています。

例えば、車の販売サイトを閲覧したあとに、他のサイトを見たらまた車の広告が出ていることに驚いた経験はあるのではないでしょうか?

もちろんこうしたクッキー情報はブラウザーの設定で削除したりすることはできます

少なくとも小生は定期的に削除していますが多くの人はそのままなのではないでしょうか?

これがサードパーティクッキーの利用によるものです

サードパーティパーティクッキーとは?

あなたが閲覧したサイトのドメインから発行されているクッキーはファーストクッキー。それ以外はサードパーティクッキーと呼ばれます。

今回問題となっているのはこのサードパーティクッキーで、複数のサイトからクッキーを発行して、トラッキングすることで個人を特定するような仕組みができているのです。

複数ドメインを横断的に提供している場合もこの仕組みを使っている場合があります。

ユーザーとしては便利である一方でプライバシー保護の観点から規制がされつつあります。

とくにEUにおいては、一般データ保護規則(GDPR)、Cookie lawが施行されており、ユーザーをトラッキングする際にクッキーを利用する場合にはユーザーからの承諾を得る必要があります。

以前小生もサンマイクロシステムズにおけるシングルサインオンのプロジェクトにおいて、プライバシーに関するワーキンググループのメンバーとして参加していましたが、欧州委員会の厳しい問い合わせがあり、それはそれは厳しい指摘を多数受けました。(汗)

AppleのSafariにはすでにサードパーティークッキーはすぐに破棄するような設定がされていると報道されています。さらにファーストパーティークッキーも30日後に破棄するようです。Firefoxでも利用者特定のためのサードパーティークッキーをブロックできるようになっている模様です

今後ネット広告の会社は2年以内に抜本的な対応をする必要に迫られてくるでしょう

もちろんサードパーティークッキー以外にも個人を特定する技術に近いものはあります

たとえばフィンガープリンティングという技術がありますがあくまでも推測することができる技術といわれており端末や個人の特定までには至らないとされています。

またログリーというマザーズ上場企業の株価はストップ高となりました。同社は、「cookie(クッキー)」を用いないでユーザー属性やデジタル行動などの分析・推定を行う技術で特許を保有するとされるとのこと

小生もドコモにいた際にUIDとか(User ID)とか端末IDとかどこに紐づけするのかという問題はしばしば議論になったことを記憶していますが、今後ネット広告の会社は抜本的な対応策を考えないと相当に深刻な事態になる危険性があるのではないかと思います。

ユーザーとしてはもちろんプライバーの観点から望ましいのですが、一方で不便な点も出てくる可能性があるでしょう。

なおGoogle自体の広告ビジネスには影響が出ないだろうと予測されていますが、むしろ他の広告会社からGoogleへと予算が振り分けられる可能性もあるのではないかと穿った見方もしてしまいそうですね!

★カール経営塾動画無料!メルマガ★ https://floral-sun-7732.ck.page/89bf136eaf

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論
Translate »