2021年ノーベル生理学・医学賞受賞者 温度と接触の受容体の発見

Blog
ソーシャルメディア

ノーベル賞の季節がやってきましたね!

第一弾のノーベル生理学・医学賞は、月曜日にデビッド・ジュリアスとアルデム・パタポウティアンに「温度と接触の受容体の発見」に対して共同で授与されました。

PR:なんとVideoscribeが4日から6日(水)まで期間限定で33%OFFだそうです!クーポンコードは TEACH33 

彼らの研究は、さまざまな病気、トラウマ、およびそれらの治療に関連する慢性および急性の痛みを軽減する方法に光を当てています。

「熱、寒さ、触覚を感知する私たちの能力は、生き残るために不可欠であり、私たちの周りの世界との相互作用を支えています」とノーベル委員会はニュースリリースで述べました。

デビッド・ジュリアスは、唐辛子の刺激性化合物であるカプサイシンを利用して、灼熱感を誘発し、熱に反応する皮膚の神経終末のセンサーを特定しました。

これにより、神経系が熱、冷気、機械的刺激をどのように感知するかについての理解が急速に高まりました。

DavidJuliusとArdemPatapoutianは、熱、寒さ、触覚が神経系の信号をどのように開始できるかについての発見で受賞しました。

Patapoutian博士は、感圧細胞を使用して、皮膚や内臓の機械的刺激に反応する新しいクラスのセンサーを発見しました。

「私たちの感覚の根底にあるメカニズムは、何千年もの間私たちの好奇心を引き起こしてきました。たとえば、光が目でどのように検出されるか、音波が内耳にどのように影響するか、さまざまな化学物質が鼻や口の受容体とどのように相互作用して匂いや味を生成するか」と委員会は書きました。

温度と機械的刺激はどのようにして神経系の電気インパルスに変換されるか?が問題でした。

ジュリアス博士とパタポウティアン博士の研究により、熱、冷気、機械的な力がどのように神経インパルスを開始し、周囲の世界を認識して適応できるかを初めて理解することができたのです。

ジュリアス博士は、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の生理学教授です。1990年代に、化合物カプサイシンに関する彼の研究は、科学者が唐辛子によって引き起こされる灼熱感を理解する方法に革命をもたらしました。彼は同僚のチームとともに、痛み、熱、触覚に反応して感覚ニューロンで発現する数百万のDNAフラグメントを含むライブラリを作成しました。

センターのウェブサイトによると、パタポウティアン博士は、カリフォルニア州ラホーヤにあるスクリップスリサーチの分子生物学者および神経科学者であり、「機械的刺激を化学信号に変換するイオンチャネルおよびその他のセンサーの特定と特性評価に焦点を当てています」。

彼は1996年にカリフォルニア工科大学で博士号を取得し、カリフォルニア大学サンフランシスコ校でポスドクを修了した後、2000年にスクリップスリサーチチームに加わりました。2017年に全米科学アカデミーに指名され、アメリカ芸術科学アカデミーへ2020年に選出されました。。

2020年、ジュリアス博士とパタポウティアン博士は、体が圧力を感知するのを助けるタンパク質の画期的な発見により、ノルウェー政府が主宰するカヴリ神経科学賞を受賞しました。

今日はミロク様からいただいた上野 東京芸大美術館のみろく展に行きました!

  • 経営学用語

ファイナンスFinance

マーケティング

経営戦略論

Translate »
タイトルとURLをコピーしました