たった5年で時価総額が8倍になった理由 | ★カール経営塾★経営学用語集起業独立MBAの為のビジネス力養成サイト

たった5年で時価総額が8倍になった理由

マーケティングBlog
ソーシャルメディア

こんにちは!★カール経営塾★平野敦士カールです!4連休の方も多いかと思いますがお元気でしょうか?


​ついに!MBAで学ぶ★カール経営塾★マーケティング完全マスター第1部28本動画3時間超がたったの550円! 9月末までです!

⇒ https://school.carlbusinessschool.com/p/marketing1

早稲田MBAで教えていたITマーケティングの内容+最新デジタルマーケティングまで網羅していきます!今後80本くらいまで増やしていく予定です


​9月末日迄50%OFF550円!クーポンコードは MARKETING50 です


価格の下にある欄に上記のクーポンコードをいれていただき申請ボタンを押すと価格が半額になりますのでかならずご確認の上ご購入ください

なお 視聴できる回もございます​

​で 先日雪国まいたけが再上場しましたね​

​雪国まいたけは2015年にベインキャピタルが95億円で買収(TOB)し100%株主になりました​
​そして5年ぶりに再上場して時価総額は800億円を超えました​

​過去の経緯を調べるとワンマン社長のもとで業績が悪化して、銀行への返済が滞り​
​銀行が担保にしていた同社株式をベインがTOBで取得したという流れのようです。​

​もともとオーナーが6割以上持っていたので買収される可能性は無いと思われていましたが株式を担保に入れていたことでTOBが可能になったようですね​

​ただ金利は払っていたのにいきなり担保処分を行ったという報道もあり、銀行は冷徹だという意見もあります​
​銀行としてはこれ以上収益が悪化することを恐れていたのかもしれません ​

​また社長が変わっても創業家と色々もめていたことも報道されていました​
​あのままであれば上場廃止になる危機もあったようです​

​以前テレビで創業社長のご自宅が大豪邸として紹介されていたのを見たことがあります 本当に美術館のような豪邸でした​

​ベインキャピタルがTOBで100%子会社にした後に2017年に49%を神明に50億円で売却しています。ベインは51%となりました。そして今回の上場。

ざっと5年で8倍の価値になったということですね!​

​実は売り上げはそれほど変わっていないようですが無駄な経費を削減したことが奏功したようです​
​このあたりやはり海外展開など売上を上げる方策が今後は必要でしょう 神明は海外展開もされているようです​

​神明は1902年創業の精米卸販売の老舗です 米だけでなくまいたけなどの青果の流通にも参入するという意図だと考えられています ​

​一方で創業社長さんはカナダで新たに黒マイタケの栽培で挑戦をしているとの報道もあり、さすがに創業社長というには馬力のある人なんだと尊敬する面もあります ​

​元々まいたけの人工栽培などはできないといわれていたのを3年以上の試行錯誤の結果成功させた偉人でもあります


​ただやはり組織のマネージメントと事業を興すこととは違うのかもしれないですね ​

成功を収めた企業からの3つの教訓 とは​
​焦点を絞り込む(既存事業の再活性化)​
​実行面で秀でている(全社員に明確な指示)​
​顔が見える指示(トップ自ら動く)​
​(ルイス・ガースナ─ 巨像も踊る)​
​だとしています ​

​また、フロムはサド・マゾヒズム的性格を権威主義的性格と呼び共通点は孤独感と無力感だとしています。サディズム的性格を持つ者は他者を依存させて搾取しようとし更に「苦しむ姿を見たいという欲求」も持っているとのことです

権利主義の人はやはりちょっと怖いですね、、、


​権力者は経営者だけでなく政治家もそうですがやはり普通の人とは違う心理を持っているのだろうか?などと考えてしまいます​

33冊目の新刊「 ビジネス名著100見るだけノート」ではこのように名著を100冊ご紹介しています!

​なおTOB(Take Over Bid)とは、事前に期間、株数、価格を公開した上で、市場を通さずに株式を買い取る買収や子会社化の方法です。​

​TOBには「友好的TOB」と「敵対的TOB」の二種類があります。​

​友好的TOPは買収候補先企業の経営陣から同意を得た上で行うものですが敵対的TOBは同意を得ずに行います。​
​敵対的TOBの場合には買収価格が高くなりやすいと言われています。​

​TOBは、大量の株式を一度に買い集めることが出来ることや市場を通さないために一定価額で株式を取得可能であること、​
​予め設定した株式数を買い集める事が出来なかった場合には、TOBを中止することができます。​
​市場で株式を取得する方法では株価が上がってしまったり取得価格が変化してしまうためTOBには大きなメリットがあります。​

​一方で株価があがるためにコストが発生することや相手先企業が買収防衛策をとることで失敗するリスクもあります。​
​ポイズンピルやホワイトナイトの登場などが新聞紙上でも注目されたのをご記憶の方も多いのではないでしょうか?​

​ポイズンビルとは既存の株主にあらかじめ新株予約権を発行しておくことで買収を食い止める方法です。まさにポイズン=毒 というわけです。​

​ホワイトナイトとは「白馬の騎士」の意味で、敵対的買収を仕掛けられた対象会社を買収者に対抗して、友好的に買収する会社のことです。​

企業価値を上げるためのファイナンスについての動画講座90分 も作りましたのでぜひチェックしてみてください!​
https://school.carlbusinessschool.com/p/finance


​それではどうぞ連休をお楽しみください ただしくれぐれもご自愛ください​
​平野拝​

★カール経営塾★マーケティング完全マスター第1部28本動画3時間超が9月末まで550円!⇒ https://school.carlbusinessschool.com/p/marketing1

日本を元気にするために経営学を100万に届けたい!無料で経営学動画30本3時間プレゼント中
一部上場企業の有名経営者ほか2500名が購読中!★カール経営塾動画無料!メルマガ★ 
https://www.carlbusinessschool.com/carlonlinebzschool/

★カール経営塾動画★ではプラットフォーム戦略(R) 経営戦略からマーケティング、ファイナンス、起業関連など様々な動画講座、無料講座も登場して大人気です!ぜひチェックしてみてください!
https://school.carlbusinessschool.com/

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論
Translate »