新型コロナで閑古鳥のレストランを満席にした2つの方法 ウィズコロナ時代の新しい飲食店のビジネスモデル?! | ★カール経営塾★経営学用語集起業独立MBAの為のビジネス力養成サイト

新型コロナで閑古鳥のレストランを満席にした2つの方法 ウィズコロナ時代の新しい飲食店のビジネスモデル?!

kowloon経営ビジネス
ソーシャルメディア

無料!★カール経営塾★動画講座公開しました!営業マン必見です!期間限定無料動画ですので今すぐご覧ください!↓をクリック!8月1日より有料になります!

「ギネスブック12年連続No1世界一の営業マンの秘訣&高額商品でも売れる法人営業の鉄則」

ウィズコロナ時代には、新型コロナウイルスと共生していかなければならない新しい生活様式が求められています。100年前に流行したスペイン風邪の例でいえば、約2年間にわたって3回の大流行が起きたといわれています。一度終息しても再び第2波、第3波が来る危険性を企業としては覚悟しておく必要があります。以前からブログ等でも指摘していますが大前研一先生との定例会議でもこの状況はあと1~2年は続くと考えて経営戦略を構築する必要があると思います。

マサチューセッツ州ボストンから北上したところにある三角屋根(パゴダスタイルの屋)と巨大なトーテンポールで有名な老舗の中華料理店九龍レストランKowloon Restaurantの例をご紹介します。この巨大人気レストランは1200席もある巨大なレストランですが新型コロナウイルスの影響で急激に売上が下がりましたが革新的な試みで連日満席になっていると言います。具体的にはふたつのことを試みました。

ひとつは店の外の駐車場に巨大なスクリーンを設置してチケット制で映画上映をしながら屋外でソーシャルディスタンスを保ちながら食事ができるようにしたのです。ドライブインシアターならぬ駐車場シアターレストランです。映画はグリーなどの少し古い映画ですがチケットを売り出すと即日完売の大盛況になっているといいます。

もうひとつの試みはモバイル端末からレストランに注文ができるようにしたことです。これによりスタッフの労力は半減できました。予約をしてきたお客さんがスマホからオーダーやチップの支払い、テイクアウトまでできるようにしました。完全にコンタクトレス(非接触)にすることができ、お札や硬貨のやり取りも不要になったのです。これは新型コロナが終息した将来においても利用価値が高い方法になるでしょう。

何より顧客との接点をレストランは築くことができるようになるわけですから、今後はもしかしたら有料サブスク型(会員制)や特別割引クーポンの配信などもできるかもしれませんね!今のところはピンチをチャンスに変えたのです。今後冬になればドライブインシアターになるかどうかはわかりませんが今やれるスピード経営を試してみることは重要でしょう。

駐車場とレストランと映画館がアライアンス(提携)することで新しい業態が生まれる可能性もあるかもしれません!ホテルやショッピングモールも同様のサービスを検討できるかもしれません。今の新型コロナを一時的と考えるのではなく今後も続くことを想定した新しい試みをチャレンジするべきではないでしょうか?

日本を元気にするために経営学を100万に届けたい!無料で経営学動画30本3時間プレゼント中一部上場企業の有名経営者ほか2200名が購読中!★カール経営塾動画無料!メルマガ★ クリック!⇒ https://www.carlbusinessschool.com/carlonlinebzschool/

★カール経営塾動画★ではプラットフォーム戦略(R) 経営戦略からファイナンス、起業関連など様々な動画講座、無料講座も登場して大人気です!ぜひチェックしてみてください!⇒ クリック!https://school.carlbusinessschool.com/

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論
Translate »