You are here:
< Back

「7S」は経営コンサルティング会社のマッキンゼー(McKinsey & Company)が提唱した、自社の内部状況を分析するためのフレームワークです。優れた企業では、これら7つの要素が相互に補完することで戦略の実行を実現しています。

 7Sの要素は、3つの「ハードのS」と、4つの「ソフトのS」があります。

 ハードのSは、戦略(Strategy)、組織(Structure)、社内のシステム・制度(System)です。

 ソフトのSは、共通の価値観・理念(Shared value)、経営スタイル・社風(Style)、人材(Staff)、スキル(Skill)です。

7S
7S

 ハードのSは比較的変更は容易ですが、ソフトのSはどれも簡単には変わりません。優れた企業とはまさに経営理念や社風、人材といったソフトのSで差別化されているともいえるでしょう。

7Sは数が多いこともありそれほど普及しませんでしたがソフトの4つのSは常に経営者は意識して経営する必要があります

ビジネス集中講義 経営戦略(朝日新聞出版)

シリーズ10万部突破!
5万部突破! 「経営学 見るだけノート」(宝島社)

「経営戦略 見るだけノート」(宝島社)

「すごろく経営学」(SBビジュアル)

 

さらにマーケティングを学びたい方は 以下の本をお読みください!3万6千部突破!

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論