You are here:
< Back

BPR (ビジネスプロセス・リエンジニアリング、Business Process Reengineering)とは、売上高、利益、顧客満足(CS)、従業員満足(ES)などの目標を設定し、これまでの業務プロセスや管理方法、組織構造などを抜本的に見直し、最適化することで業務スピードの向上、人件費などのコスト削減、さらに競争優位を増す戦略です。実は、そのお手本は日本企業でした!

BPR

1990年代からITを利用したリエンジニアリングが盛んに言われるようになりました。具体的には調達、生産、販売、会計などさまざまなシステムを1つに統合した「ERP」(統合業務パッケージ)を導入し、それに合わせて業務プロセスなどを変えていく事例が有名ですが、ERPの内容がすべて自社に合うとは限りません。まずは自社のこれまでの業務プロセスを正しく認識して問題点を把握することや、組織構造を階層型からフラット型に変更する、人事制度や会社の経営理念を再確認するなど多面的な角度から変革を行うことが大切です。

提唱者である経営コンサルタントのマイケル・ハマーによると、アメリカのある自動車会社はITを積極的に活用するだけでなく、日本の自動車会社が行っている業務プロセスを参考に経理部門の人員の75%を削減し、業務の正確さと迅速性を飛躍的に向上させることに成功したといいます。ITはあくまでもツールであると認識し自社独自の方法を検討することが大切です。  

業務フロー(業務プロセス)の見直しは、社内の複数の部署を跨ぐことが必要になるため目的を明確化し、よく話し合うことによって各部署の理解と協力を得ることが必要になることに注意が必要です。

日本では急に効率化とか言い始めていますが実は日本企業は効率化のお手本でもあったわけです 最近では銀行などを中心にRPA AIなどで単純業務の効率化が進んでいますね!

さらに学ぶには 以下の書籍をご覧ください!

ビジネス集中講義 経営戦略(朝日新聞出版)

シリーズ10万部突破!
4万7千部突破! 「経営学 見るだけノート」(宝島社)

「経営戦略 見るだけノート」(宝島社)

「すごろく経営学」(SBビジュアル)

さらにマーケティングを学びたい方は 以下の本をお読みください!3万2千部突破!

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論