You are here:
< Back

CSVとはハーバードビジネススクール教授のマイケル・ポーターらがハーバードビジネスレビュー誌に2006年と2011年の論文で提唱した新しい企業と社会貢献に関する概念です。

ポーターは企業のCSR活動、すなわち寄付やフィランソロピー(社会貢献)による自社のイメージを向上させる活動は企業の宣伝に終わってしまっており、社会に大きな影響を及ぼさなかったとし、CSRは事業戦略と密接なものであるべきでありそれを戦略的CSRと呼びましたが現在はCSVと呼んでいます

背景としては、社会と共有できる価値を創造するために必要な技術、人脈等は企業の中に蓄積されている、顧客や取引先も、事業戦略に社会的な価値のある企業を評価する時代になってきたことがあります。

こうしたCSVは製品や生産プロセスよりも競合が模倣することが難しく企業にとっても競争優位性をもたらします。そして長期的には、企業も、より持続可能な競争上のポジションを作ることができます。

たとえば、スイスのネスレは原材料の供給元である小規模農家が環境に対する意識を高め、より健康な家畜を育てることを支援することでネスレは競争力が高まり、農家と農村地域は豊かになっていく例などがわかりやすいでしょう。

よく例になるのは、ボルビックという水は購入額の一部を森林の植林事業に寄付するということで有名ですがペットボトルそのものは社会的な問題になっています。極端にいえばお金さえ寄付すれば良いという考え方です。

一方でいろはすという水は容器自体がエコになっておりクシャとつぶして捨てることができます。つまり本業そのものに社会的貢献が組み込まれている事例といえるでしょう。

具体的にCSVを創出するための方法として(1)製品と市場の見直し(2)自社のバリューチェーンの生産性を再定義(3)企業が拠点を置く地域を支援する産業クラスターの創造の3つの方法を提唱しています。

つまりCSVとは、「企業は、社会問題を企業の事業活動とは別の課題として見るのではなく、事業戦略と一体のものとして扱い、社会的な価値を創造することで企業も社会も長期的な成功を収めることができるのだ」とする新しい概念なのです。最近ではSDG’sも話題ですがBOPと並んで同様の概念と分類できるでしょう。

ビジネス集中講義 経営戦略(朝日新聞出版)

シリーズ10万部突破!
4万7千部突破! 「経営学 見るだけノート」(宝島社)

「経営戦略 見るだけノート」(宝島社)

「すごろく経営学」(SBビジュアル)

さらにマーケティングを学びたい方は 以下の本をお読みください!3万2千部突破!

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論