ポーターの3つの基本戦略 Porter’s three generic strategies~ lower cost, differentiated focus

You are here:
  • KB Home
  • 経営学用語
  • ポーターの3つの基本戦略 Porter’s three generic strategies~ lower cost, differentiated focus
< Back

ポーターの3つの基本戦略 Porter’s three generic strategies~ lower cost, differentiated focusとは他社に対する競争優位(competitive advantage)を築くためには、「コストリーダーシップ」「差別化」「集中」、この3つの戦略しかない(集中はコストリーダーシップと差別化の両方に適用)というハーバードビジネススクールの看板教授であるマイケル・ポーター氏の理論です。

その3つの基本戦略が、「コストリーダーシップ」「差別化」「集中」です。

「コストリーダーシップ」戦略は、どの競合他社よりも低コストを実現することで、競争優位を築く戦略。コストを抑えることで価格決定権を握ることが狙いです。価格を維持すれば利益が上がり、競合に比較して低価格化することもできるのです。つまり低価格戦略とは似て非なるものですから注意が必要です。

「差別化」戦略は、競合他社にはない独自のユニークな製品・サービスによって、差別化を図る戦略です。唯一無二のものをつくれば、高い利益の獲得が期待できますが、業界トップ企業に製品やサービスをマネされると、急速にシェアを奪われてしまうので、常に差別化を図り続ける必要があります。

「集中」戦略は、特定の製品のコストを集中的に削減する「コスト集中」と、特定の製品を徹底的に差別化する「差別化集中」の2種類があります。特定の顧客や地域、製品など、特定の市場に絞り込み、そこに経営資源を集中させることで勝つ戦略です。中小企業やベンチャー企業向きの戦略といえるでしょう。

参考 カール教授のビジネス集中講義 経営戦略 朝日新聞出版 経営戦略

シェアする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする