アマゾンの時価総額が初の世界一になったとの報道。世界一の富豪になったベゾス氏ですがなんと離婚との報道です
(財産分与とかどうなるのでしょうか、、余計なお世話ですが 株式にも影響は出るとの報道もあります)

追記:財産分与は7兆円との報道 アマゾン株も含まれているので他社に売却の危険性も指摘されています
ベゾス氏が保有するアマゾン株は約16% 14兆円くらいでしょうか その半分の7兆円が妻のものになる、、
詳細はわからないようですが 可能性としては 1 そのまま夫人が大株主となる 2 一部または全部を他社に売却して現金化
3 ベゾス氏が株を売って現金で支払う などがあると報道されています いずれにしろ世界一の女性富豪になるのは確実でしょう
配偶者の方が大株主といえば楽天もそうですね  

アマゾンの時価総額は1月7日にマイクロソフトを上回り、8日に8100億ドル(約88兆円)とマイクロソフトの約7900億ドルを抜いて初の世界一になったとのこと https://www.cnn.co.jp/tech/35131019.html

フォーブスやブルームバーグによると、ベゾス氏の持ち株16%の時価は約1350億ドルで宇宙開発企業ブルー・オリジンと、米紙ワシントン・ポストの株式も保有しているため、資産総額は世界2位のマイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏を400億ドル以上も上回るそうです。

一方、ピーク時の時価総額が1兆1000億ドルを超えて一時世界首位に立ったアップルは、Iphoneの販売不振などが理由で35%以上下落し、時価総額は7100億ドルとなり、アマゾン、マイクロソフト、グーグル親会社のアルファベット(時価総額約7500億ドル)に次ぐ4位になっています。

しかしいずれにしろこの4社すべてプラットフォーム戦略(R)の企業ですね!
プラットフォーム戦略(R)は株式会社ネットストラテジーの登録商標
です!

詳しくはこの一番人気の記事をご参照ください
5分でわかる【決定版】最新プラットフォーム戦略(R) https://www.carlbusinessschool.com/business/platformstrategy/




世の中には様々なビジネスモデルがあります 今も2月上梓予定の「ビジネスモデル見るだけノート」(宝島社)と格闘中(笑)
そんな中Twitterなどで#副業 とか簡単に稼げます 無料で稼げるレポート差し上げるのでLine@ とかメルマガ登録してください!系のTweetを見ることがあります 
そうした本もちゃんとした出版社から出ていたりします が、、、中には恐ろしいものもあるようですのでご注意ください

ネットビジネスではアフィリエイトという成果報酬型広告モデルがあります

これはアマゾンが急成長したマーケティング戦略のひとつとも言われています アマゾンではアマゾンアソシエイトと呼ばれています

具体的にはAという商品をBさんが自分のブログなどで紹介してCさんがクリックしてそのAという商品を購入すると購入金額の○%とか一定額をBさんが受け取れるという仕組みです 

Aという商品を宣伝したい会社とBさんのような紹介したい人をマッチングするプラットフォームは日本ではASPと呼ばれています A8.net
などが有名です これ自体は健全なビジネスモデルです

問題はもうひとつオプトインアフィリエイトと呼ばれているビジネスモデルです
オプトインとは承諾してメールアドレスやLine@などを登録すると無料でレポートが貰えたりするものです

たとえば Aという会社が「毎日5分作業するだけで月100万円稼げるノウハウ」を無料で貰いませんか? という宣伝を考えます
そしてそのURLをオプトインアフィリエイターであるBさんは自分のメルマガなどでそのことを宣伝します 

なおLine@では本来規約で禁止されているはずです 

そうしてCさんがそれを見て自分のメールアドレスやLine@を登録するとそのノウハウが無料で貰えることになります

さらに紹介したBさんには1メールアドレス1000円とか1Line@5000円とかの高額な報酬がAという会社から(正確にはASPから)支払われることになります 簡単な話自分のメールアドレスを承諾を得て他者に販売するということです

ここまでは問題ないと思います 規約違反はもちろんNGですが、、承諾を得ているので法的にはないのでしょう 道義的には??ですが、、

問題はここからです
全てではなくあくまでも中には悪質なものがいるということで読んでください!

まずLine@に登録すると電話がかかってきて、、、つまりバックエンドと呼ばれる高額なセミナーへの勧誘をしつこく行う輩がいるとのこと

なぜ1カウント初回するだけで5000円も貰えるのだろうか? と普通は思いますよね!当然それ以上に稼ぐからです

1000アカウント獲得したAという会社は5000円ならば500万円をアフィリエイターに支払うことになりますね
そのうえで100万円のセミナーや商品を6人に売れば600万円 単純に言うとそういうことなのです 1000にいれば6人くらいは買うかもしれないということなのでしょう

もっと怖いのは それらをマッチメイクするプラットフォームが紹介料をBさんに払わない あるいはある金額以上にいかないと、しかもある一定の期間内に超えなければ払わないとか、サーバーが停止でトラブルが起きてしまいました、とかなんとか言って払わないケースもあるのだそうです!

オプトインアフィリエイターも無料オファー(こういう申し出をオファーと言います)を受け取る人も充分に注意する必要があるようです

政府のデータも改ざんや隠蔽などが当たり前のようになってきていて 日本人全体がウソに慣れてしまっているのが本当に怖い今日この頃です!

平野 敦士 カールのAmazon著者ページhttps://amzn.to/2PaO93


新規事業ビジネスモデル構築プラットフォーム戦略(R)マーケティングが一気に学べる4時間超の動画です
大前研一氏三木谷浩史氏も推薦するGAFAに共通するプラットフォーム戦略(R)も学べます!

クリック⇒ https://bit.ly/2EFueob

プラットフォーム戦略(R)は株式会社ネットストラテジーの登録商標です!

4万3000部突破!

2万部突破!

1万5千部突破!

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論