アンゾフの製品―市場マトリクス(成長ベクトル)

アンゾフの製品―市場マトリクス(成長ベクトル)Product-Market Growth Matrix とは事業拡大する際に使用するフレームワークです。

事業を拡大する際には、これまでの事業と関連性のある事業を手がける方が、リスクは低くなり、成功する可能性も上がります。そうした考え方を基に、事業拡大策を練るためのフレームワークが、経営学者イゴール・アンゾフによる「製品―市場マトリクス」(成長ベクトル)です。

図のマトリクスのように、事業拡大を「新製品を開発するか、既存の製品のままいくか」(製品軸)と「これまでの市場で戦うか、新市場に進出するか」(市場軸)という二つの軸で考えます。

「市場浸透」「新製品開発」「新市場開拓」「多角化」という4つの方向性が浮かび上がります。

よって、新規商品を新規市場で展開しようとする多角化はもっとも難易度が高い領域となります。

自社の現在有する資源を如何に有効活用できるか?を具体的に検討してみましょう。

参考 カール教授のビジネス集中講義 経営戦略 朝日新聞出版 経営戦略

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする