You are here:
< Back

銀行の機能 Bank 3つの機能によって、金融市場を円滑に回す

 「銀行」は、経済の血液といえるお金を循環させる存在です。銀行が果たす機能は、大きく分けて3つあります。

銀行の3つの機能

「金融仲介」

間接金融によって、お金が余っている人と足りない人をつなぎます。

「信用創造」

銀行は、預金者から預金という形でお金を集め、預金の一部を支払準備金として現金で手元に置いておきますが、残りの預金を企業への貸付等に回します。この準備金のことを法定準備預金といい、預金に対する法定準備預金の割合のことを法定準備率といいます。

企業に貸し出されたお金は、取引先の支払いにあてられます。支払いを受けた取引先は、このお金を銀行に預けます。銀行は、支払準備として一部を手元に残して、残りをまた貸付等に回します。これを繰り返すと、預金というお金が新しく生み出され、銀行全体の預金残高は、どんどん増えていきます。
これを「信用創造」と呼んでいます。

預金者から現金で銀行に預けられる最初の預金のことを本源的預金といいます。
本源的預金は、信用創造の基礎となるお金です。本源的預金をもとに信用創造されたお金のことを派生的預金といいます。新たに発行する10兆円のお金が、100兆円のお金の役割を果たすかもしれないためこの信用創造の仕組みは景気対策として重要なのです。

「決済機能」

銀行に口座を持ったAさんとBさんとの間で、お金を送ったり、振り込んだりする機能です。
銀行には普通銀行と信託銀行があります。

普通銀行はごく一般的な銀行で、みずほや三菱UFJなどの都市銀行、横浜銀行や近畿大阪銀行などの地方銀行、東京スター銀行やトマト銀行などの第二地方銀行があります。以前は都市銀行は全国、第二地銀は狭い地域の業務を取り扱うなどの区分けがありましたが、今は変わりません。
地銀の半数は赤字経営との情報もありフィンテックなどへの対応が急務になっています。

 近年では、楽天銀行やジャパンネット銀行のようなネット銀行や、セブン銀行のようなATMしか持たない銀行なども生まれました。いずれも、営業コストが低いことから、それを定期預金の金利などに還元し、既存の銀行との違いを打ち出しています。

 ちなみに、一定範囲の地域だけで営業が許されている信用金庫や信用組合、農協は、業務内容は銀行とほとんど変わりありませんが、銀行ではありません。
一方、信託銀行は、株式や不動産といった顧客の資産を預かり、運用することが許されている特殊な銀行です。

さらに詳しくは拙著をご覧ください!

29冊目の新刊 ビジネスモデル見るだけノート 1万8千部!⇒https://amzn.to/2CKwgAK

4万3000部突破!

2万部突破!

1万5千部突破!

平野 敦士 カールのAmazon著者ページhttps://amzn.to/2PaO93E

【動画で学ぶと効果的です】
大前研一氏、三木谷浩史氏、内田和成氏、土井英司氏が推薦する「プラットフォーム戦略」(R)がオンライン動画で学習できます!
⇒【プラットフォーム戦略(R)入門講座】https://goo.gl/Qy2Dzi
早稲田MBAの授業を再現した動画【ITマーケティング】⇒ https://goo.gl/c1S5JS
【新規事業開発・ビジネスモデル構築講座】⇒ https://goo.gl/S39qy8

セットがお得です!
新規事業ビジネスモデル構築プラットフォーム戦略(R)マーケティングが一気に学べる4時間超の動画です
大前研一氏三木谷浩史氏も推薦するGAFAに共通するプラットフォーム戦略(R)も学べます!

クリック⇒ https://bit.ly/2EFueob

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論