You are here:
< Back

フィンテックベンチャーとは

フィンテックとはFinance(金融)とTechnology(技術)を融合させた造語ですがフィンテック企業により様々なサービスが提供されています。米国と中国が世界をリードしています。米国では2014年以降スクエア(Square )、レンディングクラブ(Lending Club)などが上場を果たし50社以上が買収されていると言われています。世界では既に1000社以上が登場しています。

多くは従来の金融機関が提供していた同様のサービスを十分の1以下の手数料で提供するものや中には無料のものも登場してきており、スマホを使った「安い早い簡単」という特徴があるものが人気を博しています。

決済

現状最も多くのスタートアップが競合しているのが決済業務です。

日本は2005年頃からSuicaなどの電子マネーとおサイフケータイの普及により世界最先端のサービスが普及しましたが海外ではクレジットカードの利便性を高める方向で進んでいます。

例えばPaypalのようなクレジットカード等を事前に登録することで様々な決済手段をWebでもリアルでも低額かつ容易にできるもの、複数のクレジットカードやポイントカードなどを専用のカード型デバイスで一枚にできるもの(Coin、Plastic=倒産しましたが、、)、スマホに専用のデバイスを取り付けることでスマホをPOSレジ化するもの(Square コイニー、Paypalhereほか)、スマホのカメラを利用してスマホをPOS化するもの(flint)、銀行の代理店として顧客にサービスを提供するもの(Moven)、店舗でもWeb決済と同様の仕組みでレジに並ばなくても決済できるものなどもあります。大手プラットフォーム企業であるGoogle、アップル、Lineなどのほか米国最大手の小売業であるウォルマートも決済ビジネスに参入しています。

為替・審査・融資・資産運用まで

為替に関しては、スマホのアプリ、メールやチャットで個人間の送金を安価または無料で行えるものが人気です。(M-Pesa Venmo)海外送金もビットコインなどほぼ無料で行えるものなどがあります。

資金調達では審査が厳しく時間もかかる銀行借入やベンチャーキャピタルからの投資に代わってプロジェクト毎に企業が個人から少額の資金を集めることができるクラウドファンディングが普及しつつあります。(OnDeck Kickstarter)

クラウドファンディングには株式投資型、社債型、購入型、寄付型などがあります。

購入型の場合には投資した個人はそのプロジェクトで将来製造されたものを購入できるというもので、資金を調達するプロジェクト主体からすると一種のプリセールのマーケティング活動ともいえます。日本でも規制緩和が行われたため今後さらに普及する可能性があります。

家計簿アプリからその家庭のキャッシュフローの状況を把握できることからどのように資産運用するべきかをAIを使ってアドバイスするロバアドバイザー企業も数多く登場しています。

通常富裕層を相手にした専門家による投資アドバイスは、運用資産の2%程度の手数料がかかるが、それを0.25%からという格安で行う企業も登場しています。

しかしAIというロボットでの運用実績は必ずしも人間の運用実績を上回っていないとの指摘もされています。情報が瞬時に共有されてしまえば鞘を抜くことが難しくなるからでしょう。

さらに進んで個人向けのローンなども始まっており、銀行以外が融資を行うケースが増えてくるでしょう。

融資の審査手法も銀行では従来から決算書や担保の有無など膨大な資料を精査して行ってきましたが、フィンテック企業による審査では、会計ソフトのデータ活用(Kabbage)、SNS上でのやり取りや評判などのデータ、Eコースサイトにおける売上推移などのビッグデータを基に行っている点が特徴です。

日本でもマネーフォーワード、freee、マネーツリーなどが実績をあげてきています。

事業者向けローンその他

ECプラットフォームである米アマゾンも出店企業向けのスモールビジネスローンをはじめています。出店企業の管理画面に「貴社は今このくらいの金額をこのくらいの金利で借りることができます」という趣旨の提案が店舗事業者は融資の申し込みもしていないのに表示されるのです。

今後Eコマースの企業はこうしたローンや売掛金の売買などの金融業務に進出していくでしょう。こうしたリアルタイムでの売上情報は銀行でもなかなか把握できないデータであり、銀行がECなど他業種に進出することを真剣に検討しはじめている背景でもあります。

今後は銀行グループがEコマースサイトの買収や運営を行う可能性もあります。

出店企業にとっては仕入れを増やすことができEコマースプラットフォーム側の売上増にも寄与するので双方にとってメリットがあるのです。

他にも心拍数や歩数などの健康関連の数値測定アプリと保険を組み合わせたものや(Oscar)、個人ごとのクルマの運転の走行態度によって保険料が変わる保険、またセキュリティ関連のベンチャーも数多く登場してきています。

成功しているフィンテック企業の特徴のひとつは、簡単便利早いであることと人々の行動を大きく変えない点だと考えています。

例えば、M-Pesaによる携帯電話メールでの送金サービスはアフリカケニアの送金の5~7割のシェアと言われるほど普及しています。それは従来の送金の仕組みを担っていたプレーヤーと競合するのではなくアライアンス(提携)をすることでより安価に簡単にしたからでしょう。

上場した米国SquareのスマホをPOSレジ化するサービスが普及したのも、顧客側の行動は自身のプラスティックのクレジットカードを店に提示するという行動は従来のままだったことは大きいと言えるでしょう。。

経験上人々の行動パターンを変えることは非常に難しいと感じています。今まで行ってきた行動パターンを少しだけ便利にする、安価にする、簡単にする、そんなサービスを見つけだすことができればあなたもフィンテックを起業できるかもしれないですね。

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論