マーケティングの4P(MM)などはとても有名です しかしサービスと製品を売るのではマーケティングの方法は異なるという考え方や理論があります たとえばサービスのマーケティングでは4Pではなく7Pだという主張があります ハーバードビジネススクール教授等が提供しているそれらの理論を以下にまとめましたのでぜひチェックしてみてください サービス・マーケティングについて20分ほどの動画で説明させていただきました!ぜひ下の方までスクロールしてご覧ください!

サービス・マーケティングとは?

サービスマーケティング
service marketing

モノのマーケティングとはアプローチが異なるサービス・マーケティングとは、サービス業や製品とセットになったサービスに関するマーケティングのことです。サービスに関するマーケティングは、モノのマーケティングとは異なったアプローチが必要になります。その理由は、サービスには、次の4つの基本的な特性があるからです。続きは以下をクリック⇒

https://www.carlbusinessschool.com/knowledge-base/service-marketing/

サービス・マーケティングの7Pとは?

servicemarketing7P
service marketing 7P

マーケティングの4P(MM マーケティングミックス) は、「製品」(Product)、「価格」(Price)、「流通」(Place)、「プロモーション」(Promotion)でしたが、サービス・マーケティングの場合は、これらの4つに加え、次の3つのPを組み合わせることが重要だとしています。続きは以下をクリック!

https://www.carlbusinessschool.com/knowledge-base/service-marketing7p/

インターナル・マーケティング7つの方法とは?

internalmarketing
internal marketing

「インターナル・マーケティング」とは、経営者や一般社員など、社内の人たちに向けたマーケティングのことです。

社外へのマーケティング活動を効果的におこなうためには経営者から社員まで、社内全体のマーケティングに対する意識を高めることが重要だという考え方。サービスは人が提供するものなので、人材の育成や啓蒙、動機付けが欠かせないというわけです。

インターナル・マーケティングは、具体的には、次の7つの方法によっておこないます。続きは以下をクリック!⇒

https://www.carlbusinessschool.com/knowledge-base/internal-marketing/

サービス・プロフィット・チェーン

serviceprofitchain
service profit chain

「サービス・プロフィット・チェーン」とは、1994年にハーバードビジネススクール教授のジェイムズ・ヘスケットらが提唱したフレームワークです。
一言でいえば、「ES(Employee Satisfaction。従業員満足)」が高まれば、「CS(customer satisfaction。顧客満足)」も高まり、企業の利益も高まっていくという因果関係を示しています。具体的には次のようなサイクルをたどると考えられています。 続きは以下をクリック!⇒

https://www.carlbusinessschool.com/knowledge-base/service-profit-chain/

サービス・ドミナント・ロジック

サービスドミナントロジック
サービスドミナントロジック

サービス・ドミナント・ロジック」は、2004年に、ハワイ大学教授のステファン・ヴァーゴらが提唱した、「すべてはサービスである」と考える比較的新しいマーケティングの概念です。

従来のマーケティングが、サービスとモノを分離して考えていたのに対し、サービス・ドミナント・ロジックは、サービスとモノを一体として「顧客の提供価値」として考える点が大きな特徴です。続きは以下をクリック⇒

https://www.carlbusinessschool.com/knowledge-base/service-dominant-logic/

さらにマーケティングを学びたい方は 以下の本をお読みください!3万2千部突破!

経営学用語を検索!

  • 経営学用語
ファイナンスFinance
マーケティング
経営戦略論